ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
「地図の読み方」特捜班・編「日本地図のおもしろい読み方」

こういった雑学的な本って好きなんですけど、本書は(へぇ〜)ではなく(ふーん)でしたね…もしかしたら姉妹版の「世界地図のおもしろい読み方」の方が、僕には面白く読めるのかも。
知ってた話や予想がつく話でも、まとめ方で印象は変わったろうと思うんです…文字通り“見逃していた意外な事実”も、切り口によっては(マジすかwww)になり得たんじゃないかと思うと余計に損した気分。笑

本書は、例えば出張とかで数時間の移動や待機中に読む分には好いかもね…まったく後を引かないし話のタネにはなりそうだし、熱中せずに退屈を紛らわすにはいい加減かと思いますよ。
作りとしては「こんな仕事絶対イヤだ!」と同じ、資料文献からネタを漁って書き写すだけなのにね…何のヒネリもない構成なのに、無駄な企画会議をやったりしたんだろうなって感じ。
単に“意外な事実”を紹介しただけで何のオチもないネタを削って、謎解き出来るネタを掘り下げていたら面白くなったんじゃない?

個人的には「秋葉原の由来は(静岡の秋葉大権現を火除け地に勧請したから)で、地名としては神社が移転した台東区に秋葉原がある」とか「築地や月島(築島)同様(佃も意味は埋め立て地)で、大阪の佃とは無関係」とか「明治初期の築地が外国人居留地だったので、鉄道の起点が新橋に出来て銀座や日比谷が洋風な繁華街として発展した」とか「山手線は上野〜東京間が開通するまで、現・中央線の中野を起点に西を上にみて“の”の字に走っていた」とか「田中角栄は上越新幹線で国鉄に1.2兆円の赤字を背負わせた」というトリビアが面白かったけど。


〈雑学〉関連記事:
【最近読んだ本】小屋一平「トイレはどこですか?」| 2007.08.13
【最近読んだ本】町田忍「銭湯の謎」| 2007.08.12
【最近読んだ本】インターナショナルワークス・編著「知っているつもりで知らない世界地図」| 2008.01.01
【最近読んだ本】荒俣宏「アラマタ珍奇館 ヴンダーカマーの快楽」| 2008.02.17
【最近読んだ本】アレックス・バーザ「ウソの歴史博物館」| 2010.01.21
【最近読んだ本】雑学活脳研究会「ニュース言葉の秘密」| 2011.09.23
【最近読んだ本】伴田良輔「リプレーの奇人不思議館」| 2011.12.26
【最近読んだ本】唐沢俊一「トンデモ一行知識の逆襲」| 2012.02.03
【最近読んだ本】瑞穂れい子「今日から使える! 音楽雑学 おもしろコネタ30選」| 2012.11.22
【最近読んだ本】マル秘情報取材班・編「外から見えない暗黙の掟」| 2013.04.24
【最近読んだ本】清水謙太郎「こんな仕事絶対イヤだ!」| 2014.01.31
【最近読んだ本】有楽企画・編「よその国ではどーやってるの?」| 2014.02.06
【最近読んだ本】みうらじゅん(監修)「アレの名前大百科」| 2014.05.11
【最近読んだ本】安居良基「世界でもっとも阿呆な旅」| 2016.11.08
【最近読んだ本】桜井進「面白くて眠れなくなる数学」| 2019.06.11
0
    | books | 2014.04.04 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top