おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
スペクトラム「スペクトラム伝説」

「衣装代は総額1千万円」と話題になったブラスロック・バンドの、'99年にCD化されたベスト盤です。
僕がデビュー盤を買ったのは、週刊少年チャンピオンで目にした小さな囲みの紹介記事がきっかけでした…あんな目立たない宣伝でも、なけなしの小遣い叩いちゃう子供がいるんだから分からないもんですよね?笑
そのローマ兵士風の被り物を売りにしたビジュアルを目にする機会はオーディオ器機のCMぐらいでしたが、中学で吹奏楽部に入った理由は彼らの影響が大きかったと今にして思います。

先の紹介記事では“日本のEW&F”だか“日本のシカゴ”と評されていた筈ですが、もちろん当時の僕は両バンドとも名前さえ知らなかったんです…同時期に買ったSHOGUNのデビュー盤「男達のメロディー」以外は全曲英詞だったのに比べると馴染み易く感じられ、またイントロでフェードインしてくるラジオの天気予報と古いジャズから一転して炸裂するホーンのインパクトに度肝を抜かれたものでした。

その古いジャズはアウトロにも使用されていましたが、まさに本作の1曲目がそれで始まって思わずニヤリと頬が弛み…続いてCM曲の「In the space」からデビュー盤収録の「Rock'n roll circus」、ドーナツ盤「In the〜」にカップリング収録された関係者向けの公開スタジオライブ「Act-show」別テイクと嬉しい選曲!
更に後期ファンが筆頭に挙げる、初聴の「ミーチャンGoing to the hoikuen」はS.ワンダー「可愛いアイシャ」間奏パートが全編繰り広げられるような遊び心たっぷりのナンバーで「らき☆すた」の「もってけ!セーラー服」みたいな合いの手も嫌味なくて可愛い!笑

ヒカシューの巻上公一や、前に持っていたライブDVDに学ラン姿で登場した桑田佳祐が作詞したナンバーを含む全15曲を収録。
やはりラストはデビュー盤からシングル・カットされた「トマト・イッパツ」でしたね、それも解散ライブでのアンコール音源だけに半端なく気合い入ったサウンドでグッときました…だけど退出アナウンスに被って流れるのは1曲目のアウトロで、最後まで遊び心を忘れなかった彼らを丁寧にコンパイルしてくれたセレクトが心憎いばかりです。
ただね、音の薄さが当時のままだったのは残念!笑
スペクトラムスペクトラム伝説
0
    | music | 2014.04.15 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top