ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「旅のラゴス」

本書を思い出したのは、先日の「ビアンカ・オーバースタディ」を読み終えた後でした…“著者初のラノベ”という謳い文句の「ビアンカ〜」が、実は著者の典型的なジュブナイルSFを土台にハチャハチャ路線などの異なる作風をミックスした作品に感じられてね。
つまり実験的ではあったものの“新境地”とまでは言えなかったし、著者らしからぬ作風というなら本書の方が異質だった気がしたのですが…ラゴスの一人旅という基本設定以外は序盤の壁抜けエピソードしか思い出せず、それで改めて読みたくなり取り寄せた次第。

本作を初めて読んだ時は感動のあまり泣いてしまい、しかも「ラゴス愛のテーマ」などというインスト曲まで作ったクセに忘れちゃうんですねぇ…さすがに二度目の今回は泣きませんでしが、やはり著者にしては珍しくオーソドックスに冒険旅行を描いているのです。
もちろん様々な出来事があり前述の壁抜けなどは著者のブラック・コメディ作品を思わせますが、そうしたエピソードは飽くまでもコアな読者を引き込む仕掛けでして…全体としては叙事詩の趣きさえ感じる壮大な英雄伝説であり、大げさにいえば人類史を問い直すフィクションでもあります。

話は旅の途中から始まり、ラゴスは目的地に辿り着いて出発地へ帰還します…敢えてストーリーのネタバレを避けようとすると、こんな漠然とした書き方しか出来ないのがもどかしいな!
だけどまた内容を忘れちゃった時に読み返したくなるよう、詳細については触れないでおく事にします。
旅を終えたラゴスが再び旅発っていく最終章には、解せぬ思いを抱く読者もいるでしょう…その胸中には旅を貫く淡いロマンスがあり、彼の最後の旅は最も純粋な動機に突き動かされた冒険なのだと僕は思います。

ところで(ワインの海とサリュート港)や(ズィングル岬のベル港)という地名の遊びもツツイストなら昔の作品を連想するのではないでしょうか?・・・そう考えると壁抜け男に限らず、自身の著作から抽出した多彩な要素を潜ませたのではないかとも感じたり。


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2014.04.14 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top