おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
CURTIS MAYFIELD「SUPERFLY +11」

'72年のブラックスプロイテイション映画「スーパーフライ」のサウンドトラックを依頼されたカーティスの、映画の公開と同時に発売されたサントラ盤です。
今から観れば「午後のロードショー」的というか単純なストーリーではありますが、僕にとっては今でも非常に魅力的な映画なんです…だからヒッピーを真似た女が芸名にしているのは勘弁してほしいわ、どこもスーパーフライじゃねーだろ?ってね。
それは一先ずおいといて。

そもそも彼の名を知ったのはフィッシュボーンによる名カバー「Freddie's dead」の原作者として、でした…それから時は流れ、何気なく買ったこの映画のDVDに本人役で登場する彼に初めて出会ったのです。
独特の音でギターを奏で、囁くように歌うヒョロ長い黒人男性…ギターも歌も妙にエロい彼がカーティス本人だと、エンドロールの配役クレジットを見てビックリしたものでした。

さて本作は、というか本作の「+11」はですが…解説者によりますと、ちょうど四半世紀を経た'97年に当時の未発表音源が発見されて25周年のデラックス・エディションとして2枚組セットが出たそうでして。
その内の3曲というか3バージョンをオミットして1枚にまとめたのが本作という訳なのだそうです…正直(そんなのイラネ)と思ってましたが、インスト・バージョンも単なるカラオケではなく劇中BGM用にミックスを変えているのです。
なので案外と自然に聴けちゃって、まぁコレはコレでOKだよなぁという感じ。

サウンド的に例えるならば、マーヴィン・ゲイの「What's going on」っぽいメロウなソウルのストリングス遣いにアイザック・ヘイズの「Theme from Shaft」っぽい不穏なドラマチックさを足した感じかなぁ…ただ「What's〜」が有名すぎて、残念ながらこちらがフォロワーっぽく聴こえてしまう気も。
あとエッチくさい声というか歌い方も好みが分かれそう、でもソウル好きなら押さえておきたい一枚です。


関連記事:【最近聴いたCD】CURTIS MAYFIELD「HEARTBEAT」| 2011.05.19
0
    | music | 2014.04.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top