おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE DOOBIE BROTHERS「GREATEST HITS」

なんとなく聴かずにいたドゥービー・ブラザーズですが、大抵のヒット曲は耳にしていんですよね…ドゥービーのプレイでは唯一「Black water」が好きで、それが聴きたくて図書館に行ったらベスト盤しか置いてなかったのでありました。
ドゥービーってトム・ジョンストンが在籍した初期はカントリー色が強く、マイケル・マクドナルドが加入してからはAORに傾倒したイメージがあります…実際それぞれに好さはあり、初期のツイン・ギターが生み出すアンサンブルも後期のマイルドなサウンドも魅力的ではあるのですがね。

でも前期の「Listen to the music」アイズレーのカバーに、バーズのカバー「Jesus is just alright」も本家に負けてるし…後期の名曲「What a fool believes」だってマット・ビアンコのカバーと引き分けレベルですな、まぁ余りにもアメリカン・ロックの代名詞と化してるせいでしょう。
それと(ドゥービー好きは大抵ボンクラ)という私的な偏見もありますね、この点はビートルズサザンオールスターズ好きよりも確実で過去の統計じゃ100%の実績です。笑

'82年に解散して'88年に再結成、以降もメンバーチェンジを繰り返すクセは変わらず…ギターのパトリック・シモンズだけが皆勤賞なのね、その彼が書いた「Black water」は機会あれば'74年のオリジナル・アルバム「What Were Once Vices Are Now Habits (邦題「ドゥービー天国」)」で改めて聴いてみたいです。
ドゥービーの曲って完成度高いのに、ベスト盤の印象は全体として凡庸に感じられて…もしやヒット曲同士でインパクトを打ち消し合ってるんじゃないかな、後期はマイケルのソロ作品にしか聴こえないし?笑


関連記事:
【最近聴いたCD】ドゥービー・ブラザーズ「ドゥービー天国」| 2018.09.26
0
    | music | 2014.04.21 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top