ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ポール・オースター(著)、柴田元幸(訳)「リヴァイアサン」

再読です。
現代アメリカ小説は村上春樹の影響で読んだレイモンド・カーヴァーの短編集が最初で、次に長編小説をと思った時にタイトルから選んだのが本書でした…著者の言わんとするところを考えると難解に思えましたが、物語そのものには深い余韻を得た記憶があります。
リヴァイアサン、で思い出されるのは「ファイナルファンタジーVIII」に登場した水竜の召喚獣ですが…本書での意味はそれのモチーフとなった旧約聖書の幻獣ではなく、17世紀に書かれた国家論の題名の方だそうで“絶対的な権力を持つ国家を指す”のだとか。

読み直して気付いたのですが、本書はアメリカの物語なのですね…アメリカ国民が共有する記憶を擬人化した物語、そう思うと映画「フォレスト・ガンプ」を観返してみたくなりました。
あの映画って、僕の記憶では(オチなしアメリカ回顧録)だったんですけど。笑
前回は見落としていたのですが、主人公ピーターと親友だったサックスの二人が兵役を逃れたのはベトナム戦争時代の話なんです…ハプニング芸術家マリアは日本でいう赤瀬川原平や秋山祐徳太子みたいな人物だし、平然と売春婦をしていた頃のリリアンはヒッピー思想のフリーセックス観に影響されていたのですよね?

そしてまた本書は、個人の信念あるいは宗教心について語っているようにも感じられました…宗教そのものではなく個々の内面に生じる私的なファンタジーですね、人間は出来事にメタファを見ずにいられない精神のメカニズムに支配されているし自身の物語を獲得する事は孤独感を克服したような誤解に陥りやすいと。
そして「孤独を排除した者は孤独に殺される」という一節に、パウロ・コエーリョの「星の巡礼」で描かれるレッスンを僕は連想しました。

二元論的な古い価値観とカウンター・カルチャーが混然としていた時代から80年代へ、ひょっとしたら本書は村上春樹が「ノルウェーの森」で描こうとしていたような喪失感のアメリカ版なのかもしれません…でも僕は「ノルウェー〜」って上巻だけで読むの止めちゃったんで本当のところは分からないんですけどね、その時代のアメリカというのも僕には想像の産物でしかないというのもあるし。
それにしても登場人物が言外に語る矛盾によって醸し出される、実在する人間のような生々しさが秀逸ですね…人物造形の巧みさに、柴田が「翻訳の神」と言われるのも分かる気がします。


〈柴田元幸〉関連記事:
【最近読んだ本】柴田元幸・編「どこにもない国」| 2008.03.27
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「題のない本」| 2012.12.13
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「華々しき鼻血」| 2012.12.16
【最近読んだ本】ポール・オースター「ミスター・ヴァーティゴ」| 2014.07.31
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」| 2014.10.05
【最近読んだ本】バリー・ユアグロー「憑かれた旅人」| 2015.03.01
0
    | books | 2014.04.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top