ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
寺田克也・スタパ斎藤・伊藤ガビン(編)「ジョン・シンメトリー」

図書館で何度も見かけてて、分かってる筈なのに度々手に取ってしまって(またオマエか!)と書棚に戻していたのです…そんな人いないし今更すぎる鏡合わせ写真って分かってて、それでも頭より先に手が動いてしまうのが腹立たしくて(ならば借りてしまえ)と。
寺田克也って漫画家だった気がするし、スタパ斎藤も伊藤ガビンも見覚えある名前なんですけど具体的には思い出せません…この3名の他に写真提供者として5名がクレジットされてます、初版'04年のネット派生本で出版元はラピュータ。

どうやら寺田がフォトショップ(画像編集ソフト)でデジカメ画像を左右対称に加工した事から広がった、一種の愛好会的な人脈から集めた「シンメトリー写真」を構成した本らしいです。
だけど中身は本当に、鏡合わせ写真でしかありません…それをデジタル技術で再現したからって、単なる「昭和ビックリ写真」の域を出ていないんだよなー。笑
自分のサイトだけでやんな、紙の無駄だ!って感じ。
多分ね、最初から鏡合わせで撮った方が上出来になるよ…なんかネットで「すげー発見したwww」とか騒いでるガキみたい、手前が知らなかっただけじゃん。

特に車や動物のはバカみたい、風景も撮影位置やレンズの球面収差という特性を考慮していないせいで台無し…おそらくアンドレアス・グルスキーも発想の過程で通った道じゃないかな、というか誰もが画像編集ソフトで試した経験があるレベルの写真ばかりです。
それでも1人一枚ぐらいは面白い写真が撮れるもので、流石に本職が写真家のワタナベアニは打率が高いね…上下対称を横倒しに見せるとか、巻末でも仏教建築が横でゴシック建築は縦という“オレたち日本人はごく自然に左右対称にこだわるけど、他の文化圏の人は天地対称がしっくりくるのかも”と言及しとります。

そして個人的に面白かった新宿都庁のビル群、左右対称になると城塞っぽく見えるのね…アングル次第ではより(ハイテク九龍城)に見えそうだし、そのように違和感なく現実を書き換える方が「昭和ビックリ写真」と違った見せ方になっていると思うんだけどなぁ〜?
ともあれ、全体としては発想が安易な下らない出来。
平成生まれにウケそうだね、まぁネットでやってろ!


〈寺田克也〉関連記事:
【最近読んだ本】穂村弘×寺田克也「車掌」| 2009.02.23
【最近読んだ本】アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ!」| 2017.12.30
0
    | books | 2014.04.26 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top