ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
小原猛(作)、三木静(画)「不思議な子どもたち」

初版'13年、出版は那覇市与儀にあるボーダーインクという会社です…琉球新報の小中学生新聞「りゅうPON」に、副題となった「琉球怪談百物語 ほんとうにあった怖い話」として連載されていたそうです。
作者といっても完全創作ではなく、沖縄各地から寄せられた体験談を基に構成した怪談にイラスト入りで毎週1話ずつ…子供向けの企画という事で最初は「学校の怪談」に琉球色を乗せた話が多いのですが、徐々に戦時中の話が増えてきて「近代の民話」的な雰囲気が増してきて面白かったな。

挿し絵が表紙にも使われている表題作は、スッと異界に連れ込まれるような怖さが堪りません…この「妖怪人間ベム」みたいな子供が、赤い藁人形を抱いてチャイムを鳴らす光景と“「はぶりか」と、わけのわからない、不穏な言葉を一人が発した。がらがらのおじいさんの声だった”という部分でグッと肝が冷えます。
沖縄の妖怪といえばキジムナーが有名ですが、アカガンターという全身が赤いのっぺらぼうの子供は家の中に現れるのだとか…ザンという人魚や幽霊を意味するワルカジ、マジムンは化け物が訛ったのでしょうか?

やはり日本兵絡みは多いのですが、親切だったり悪質だったり“冷蔵庫を開けてみると、身長三十センチくらいの日本兵が一人、体育座りをしてがたがた震えていた”というシュールすぎて困るような話もありで。
井戸にまつわる埋めた祟りとかカーカンローを封じたといった話や、シーミー(清明祭)などでイニンビ(遺念火・人魂)やらヒーダマ(火の玉・人魂)が飛ぶ話も本土の似たような話より日常茶飯といった風情が…また魔除けに塩を盛ったり撒いたりは分かるけど、枕元に刃物を置いたり“豚小屋の豚をブーブーと鳴かせ”たりする風習は沖縄独自のものではないでしょうか?

“あの頃は戦後すぐだったからね(中略)イニンビも日本兵の幽霊も、そこら中にいましたよ。いつの頃からかね、まったくいなくなってしまいましたけどね”とか“あんた偉いね、まずやってみることさぁね。私もそんなことをやりながら、沖縄には神様がいるってことを学んだもんさ(中略)あそこにはキジムナーがいて、そういうことはやっちゃダメだって、わかったさーねー。それが、人生では大事なんだよー”とか、まるで池上永一の小説みたいなオバァの言葉が大らかですね…しかし驚いた時に「あきじゃぴよー!」とか「はっしぇ!」って、怖さが吹き飛んで笑っちゃいそう!


関連記事:
【最近読んだ本】小原猛「琉球奇譚 シマクサラシの夜」 | 2019.05.02

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26


〈沖縄〉関連記事:
【最近読んだ本】岡本敏子(編)「岡本太郎の沖縄」 | 2009.01.28
【最近読んだ本】池上永一「バガージマヌパナス わが島のはなし」 | 2010.04.27
【最近読んだ本】池上永一「ぼくのキャノン」 | 2010.05.07
【最近聴いたCD】V.A.「沖縄そば屋さんのBGM」 | 2010.08.13
【最近読んだ本】池上永一「やどかりとペットボトル」 | 2011.08.24
【最近聴いたCD】中田悟「自然音シリーズ 伝説の島 沖縄」 | 2011.09.06
【最近読んだ本】田口ランディ「ドリームタイム」 | 2012.03.07
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」 | 2012.11.04
【最近読んだ本】恒川光太郎「夜市」 | 2013.04.09
【最近読んだ本】宮城篤正(監修)「すぐわかる沖縄の美術」 | 2013.04.12
【最近行ったところ】石垣島・1/6日目 | 2019.04.29
【最近読んだ本】矢口清貴「マブイ 魂は廻る」 | 2014.11.16
【最近行ったところ】石垣島・6/6日目 | 2019.05.19
0
    | books | 2014.04.29 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top