おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
グループ魂「TMC」

再聴です、'05年リリース作品で結成10年Kiyoonレコード移籍第一作…って、そんな事は別にいいか。笑
結成は'95年でオリジナルメンバーはボーカルの破壊こと阿部サダヲ、ギターの暴動こと宮藤官九郎にバイト君(大道具)こと村杉蝉之介の3名…本作では渚カヲル(永遠の46歳)こと皆川猿時&遅刻ことギターの富澤タクに石鹸ことドラムスの三宅弘城に小園ことベースの小園竜一の7人編成という大所帯パンクバンド。

素人のフラッシュ動画が流行っていた当時、僕は有名な「中村屋」で彼らを知ったのでした…その元になった音源こそが、本作収録の「大江戸コール&レスポンス」だったんですねぇ。
全25トラック、曲とコントが3:2…まぁ曲も歌詞はコントですけども、曲調は基本パンクでムード歌謡からファンクまで本作はバリエーション豊富です。
高い音楽性をキープしつつの、クドカン・ワールド炸裂!…って感じでしょうか、オリジナルメンバーと皆川は松尾スズキが主宰する劇団大人計画の人だそう。

やはりフラッシュ動画の「あの歌の故郷を訪ねて」('02年の「Run魂Run」収録)で共演していたナンバー・ガールの向井“徳次郎”秀和とクラムボン原田郁子がゲスト参加、大人計画の荒川良々も参加してます。
原田、妙にエロいな!笑
久々に聴き直したのですが、やっぱり可笑しいw!


関連記事:
【最近聴いたCD】グループ魂「荒ぶる日本の魂たち」| 2014.10.09


*以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

『中村屋』(おぉ懐かしい!個人サイトにアップされてたフラッシュ動画がコレです、サダヲ氏の先代勘九郎、雰囲気バッチリです)


『新宿ホスト日記 夜桜ジロー』(Sound Only)


『さくら』(妙にエロい原田郁子です;Sound Only)
0
    | music | 2014.05.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top