ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
小曽根真「OZONE」

以前「最近聴いたレコード」で紹介しましたが、今回は敢えてCDで再聴しました。
ボーナストラックとして7曲目に加えられた「Corea-graphy」の由来は、本作のプロデューサーであり共演者でもあるゲイリー・バートンの盟友で小曽根自身が敬愛するピアニストのチック・コリアとコレオグラフ(振り付け)なのだそうで。

ぶっちゃけ「やっぱりCDは音が良いなぁ!」とか、そういう上等な耳は持ち合わせておりませんが…アナログ盤に特有のレコード針によるトレース音が聴こえない分だけ明瞭に感じられますね、音ヌケの良さもピアノとヴィブラフォンの透明感あふれるサウンドとは好相性かと思われますね。
まさに端正という表現が相応しい、エディ・ゴメスのベースラインも引き締まって聴こえる気がします。

リリース当時の'84年は二十歳前後の若者だった小曽根も、今や日本ジャズ界の大物です…本作はジャズといっても非常に抒情的で聴きやすく、いわゆるスムース・ジャズの範疇に分類されるのかもしれません。
無名の若手日本人がジャズの本場アメリカの超一流ミュージシャンを従えたリーダー・アルバムでデビューを飾るなんて、現在であっても衝撃的な筈ですが当時それほど世間の注目を集めた印象がないのですよね。

まぁ僕がジャズ素人だからかもしれません、そんな素人耳に心地好い楽曲ではありますが…ピアノ・トリオとしては変則的なドラムレス構成で、実質的には小曽根のピアノとゲイリーのヴァイブが語り合うように旋律を奏で合ってゆくのにエディがベースで絶妙な合いの手を入れている感じで。
メロディアスで聴きやすいけれど、ビート感が薄くて清烈な渓流のよう…そう思うと形態は違えど「Intermodulation」で聴けるビル・エヴァンスジム・ホールによるピアノとギターのデュオ演奏が連想されます、僕的には流水感がね。笑
0
    | music | 2014.05.12 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top