おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
BLKTOP PROJECT「同」

再聴です、同僚君がRAGE AGAINST THE MACHINEの話をした時にトム・モレロ繋がりで本作を思い出しまして…聴き直していて気付いたのですが、こっちはモレロじゃなくてゲレロじゃん!笑
当然ながらトミー・ゲレロはレイジ〜とは無関係、Wikipediaによれば「元ボーンズ・ブリゲートのトップ・スケーター」だそうで…つまり「LOADS OF DOGTOWN」のステーシー・ペラルタが設立したプロチームのメンバーだったらしいです、これはこれで不思議なご縁。

'05年リリースの本作はゲレロ達がシカゴからメンフィスへとブルース・ロードを逆に辿るTV番組の企画から派生した、旅の最中に出来た曲に追加した全8曲のコンパクトなアルバム。
ブラックトップとは、アスファルトの路面を指しているのだとか。
聴いていて連想したのはスフィアン・スティーヴンスのコンセプチュアルなアルバム「ミシガン」のトラディショナルな雰囲気や、ジャック・ジョンソンのアコースティックなオーガニック系サウンド…全曲インストなのでアンビエントっぽくもあり、25分という収録時間が物足りなく思えてリピートしてしまいます。

前に聴いた時は印象が薄かったけれど、この薄味ミクスチャー加減はドライブにもリラックス・タイムにも場の空気を乱さないインテリア・ミュージック風味のロックという感じが…何か聴きたいけど思い付かない時などにも、なかなか重宝しそうなユニークな一枚。


〈アンビエント/インテリア・ミュージック〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヴィクセル・ガーランド「イージー」| 2008.03.11
【最近聴いたCD】スフィアン・スティーヴンス「ミシガン」| 2009.02.16
【最近聴いたCD】ザ・エレクトリック・ソフト・パレード「ノー・ニード・トゥ・ビー・ダウン・ハーテッド」| 2009.05.03
【最近聴いたCD】栗コーダーカルテット「笛社会」| 2009.05.24
【最近聴いたCD】モグワイ「ミスター・ビースト」| 2011.09.15
【最近聴いたCD】ペンギン・カフェ・オーケストラ「同」| 2014.03.03
【最近聴いたCD】STEPHEN SMALL「SLOW DRAG」| 2016.11.10
0
    | music | 2014.05.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top