おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「モハメド・アリ かけがえのない日々」

原題は「WHEN WE WERE KINGS The true story of the Rumble in the Jungle」、'96年の映画らしいけど映像は22年前の'74年にザイール首都キンシャサで行われた一大イベントの模様なのです…何故アフリカでボクシング?という疑問は、当時アメリカを席巻していたブラックパワー・ムーブメント絡みですかね?
というか僕はオーケン本で紹介されていた、アリの自伝を本人が演じるヘン・ムービーかと思ってたのですが真面目なドキュメンタリー作品だったのね本作。笑

若きアリの端正な顔立ちとビッグマウスっぷりは、マスコミにすればボクサーとしての実力よりも黒人運動のカリスマ的なスポークスマンだったようで…吹かしまくるアリに付き従うかのようなドン・キングも若いっつーか場慣れしてないね、そもそもドンを興行の世界に引き入れたのがアリだったとは知らなかったな。
しかし世紀の一大イベントをブチ上げた時点では、1,000万ドルという巨額のファイトマネーの算段が付いていなかったとか…元は賭博業者だけにドンもかますなぁ、どう話を付けたのかモブツ政権下のザイール政府が主催する事になり音楽祭とのセット興行に発展。

ジェームズ・ブラウン自伝にも少し書かれていましたが、JBの他にBBキングやクルセイダーズら黒人ミュージシャンが出演するライブを前座替わりにした3日に及ぶ祭典…そのクライマックスにアリが挑むのは、無敵を誇るヘビー級王者ジョージ・フォアマン。
フォアマンにとって不幸だったのは、キンシャサ空港に降り立った時に愛犬を連れていた事でした…かつて宗主国ベルギー人が警察犬として導入していたシェパードと一緒の王者を見たら、現地の人々が挑戦者アリを解放運動の旗手として自らの心情を重ねてしまうのも当然だったのです。

“FLOATS LIKE A BUTTERFLY and STINGS LIKE A BEE!”
アリが徴兵回避で剥奪されたタイトルを再び実力で勝ち取った奇跡の裏には、アフリカ人の熱狂的な思いが強く作用したのでしょう。
地下に処刑の血が流れるスタジアムと呪術師の予言、感動的な逆転KOの直後にモンスーンの豪雨とあまりにも劇的な試合展開!…口達者なボクサーがアフリカの英雄に変わる瞬間、思わず胸が熱くなりましたよ。
黒人による黒人の祭典、アメリカ黒人のルーツ回帰運動の頂点…ですが逆に白人を排斥するような、逆差別的要素が微塵も見られない点は特筆に値しますね。

ちなみに関係ないけど、アントニオ猪木の声援コール「イノキ、ボンバイエ」のルーツは本作で聞ける「アーリ、ボマイエ」だったんですなぁ(→wikipedia情報では“アリのテーマソングである「炎のファイター」”は“76年に格闘技世界一決定戦を戦った猪木に記念品として寄贈されたということになっており、「イノキ・ボンバイエ」として歌われている。”との事)…記録映像の合間には映画監督のスパイク・リーや、取材で現地入りしていたノーマン・メイラーらによる解説が入ります。
合間といえば、路上で身軽にバック転を決める少年たちや女性たちによる手拍子を織り混ぜた合唱も見所。
ザイール(現・コンゴ民主共和国)の旧名はベルギー領コンゴ、かのシェイムズ・ティプトリー・ジュニアが少女時代に旅した目的地周辺なのかと思うと奇遇ながら感慨深い映像です。

何故か主題歌はローリン・ヒルが参加していたTHE FUGEES (feat. Q-TIP)、フージーズってこんなもんか?


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『ボクシング・モハメドアリ全盛期のかけがえのない日々・・』(映画は全編カラー作品です)


『When We Were Kings Trailer』


『ジョージ・フォアマン VS モハメッド・アリ』(映画のハイライト・シーン、吹き替え版です)
0
    | cinema | 2014.05.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top