ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
RAGE AGAINST THE MACHINE「Live At The Grand Olympic Auditorium」

ブラックトップ・プロジェクトはトム・モレロじゃくてトミー・ゲレロだったよ、と同僚君に言ったら本作を持ってきてくれました…僕がレイジを(ブラックトップっぽい音だろう)とか勘違いしてたばかりに!笑
本作も洋盤なので細かい事は分かりませんが、Wikipedia情報によれば本作が彼らのラスト・アルバムだそうで…同時にDVDもリリースされたようですが、ライブが開催された'00年から'03年の発売に至るまでの空白に何があったやら?

同僚君としては「そんなにいいって程でもない」らしいんですけど、僕は(そんなに悪くもないんでない?)と思いましたよ、よく「変態的」と称されるモレロのエフェクティブなギター・サウンドが単なるキワモノではなく曲の中で機能しているのも分かりましたし。
まぁ曲調はバンドスタイルのヒップホップて感じで、下手するとリンキンパークなんだけどギリギリ聴ける範囲に留まってますね。
プロデューサーがリック・ルービンだからなのか、ギターやボーカルの甲高い音域を削った低音重視の仕上がりも好ポイントでした。

まぁ確かにレイジって歌詞が分からないと面白味が半減しそうな気はしてましたし、曲調もファンクっぽいので曲毎の区別がつかないという難点はありますが。
聴いた事ないのであれば、試しに一度は聴いても好いのではないかと思います。
「同僚オススメCD」シリーズその28


追記;リック・ルービンが手がけた作品って、このブログで紹介してる中でも結構ありました・・・システム・オブ・ア・ダウンとかメタリカ、それにレッチリやらジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス以外にゴーゴル・ボルデロもそうらしいです。
0
    | music | 2014.05.27 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top