ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
大石芳野(写真・文)「それでも笑みを」

初版'11年、清流出版。
紫綬褒章を受賞している女流写真家による、世界各国で出会った様々な人々を文章と共に紹介した本です。
イスラム諸国など女流故のご苦労もあったかとは思いますが、やはり人物撮影においては女性の方が何かと案配が好かったりするのではないかと思いましたよ。
特に妙齢の婦人や子供などには声を掛けるという段階で男性の写真家ほど警戒心を抱かせないだろうし、被写体が心を打ち解けてくれるのも早いでしょうし。

'71年から40年に及ぶ旅と出会いの集大成で、海外だけでなく国内の各地も収められているのですが…最も古いパプアニューギニアの子供たちから最も新しい庄内の神事まで、コンセプトは違えど作者の目線が変わらない事に驚きました。
ファインダー越しの慈しむような目線、それは見つめ返す被写体の表情から感じ取れるのです…こういった写真集は非常に多いにも関わらず、一葉として似たような写真を見ないのは人と人の交わりが常に新しい関係だからなのかもなぁ〜。

個人的には、特に中央アジアの旧ソ連時代のエピソードにビックリしました。
ウズベキスタンにはスターリン時代に強制移住させられてきた民族の話題が多く、クリミア半島から追放されたタタール人や沿海州に新天地を求めた朝鮮人も風呂敷包み1つで追い出されてきたそうで…またアフガン侵攻の前線にも国境を接するウズベクの人々が駆り出され、イスラム教徒同士が殺し合うよう仕向けていたという話は初耳でした。
冷戦時代のロシアに関しては、まだ知られていない出来事がありそうですけど。


関連記事:
【最近読んだ本】古居みずき「パレスチナ 瓦礫の中の女たち」| 2010.03.24

〈旧ソ連〉関連記事:
【最近読んだ本】本橋成一「アレクセイと泉」 | 2009.02.03
【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
【最近読んだ本】栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」 | 2015.05.10
【最近読んだ本】森住卓(写真・文)「セミパラチンスク」| 2015.11.21
【最近読んだ本】小川政邦(訳)「KGBの世界都市ガイド」| 2016.01.26
0
    | books | 2014.05.29 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top