おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
東京事変「大人」

'06年リリース作品、図書館で見つけて借りてきました…同僚君がチャットモンチーの話をしてる途中で「東京事変云々」と言って、まぁ受け流しちゃったんだけど考えてみれば興味あった割に聴いた事なかったよなぁ〜?と思いまして。

椎名林檎が出てきた時は「シブヤ系に対抗して歌舞伎町系」とか言ってたでしょ、洋楽寄りの傾向に反した昭和歌謡を匂わせるスタイルは戸川純の再来というかバージョンアップ?…それも悪くなかったけど、表現欲求よりセールスマーケティングが先にある感じがして(シンガー系アイドルか?)と半端な印象でした。

で、気になっているうちにバンド形態へとグレードアップ…浮雲がギター雑誌で取り上げられたり、ベースの亀田誠治もあちこちで名前を見かけたりで。
少なくとも本作に収録された11曲の大半は椎名が作詞だけでなく作曲も手掛けていますが、基本的にバンドで編曲してるのですな。
椎名特有のエモーショナルな歌唱に腕利きメンバーの変化に富んだフレーズが詰め込まれ、サウンド面のカッコ好さは鳥肌モノっす!

とはいえ、気付けば既にこのバンド形態も解散しているようです…アルバム・コンセプトやビジュアル面のセンスも優秀ですし、椎名が単なるイロモノじゃなかったって事は今更ながら充分に感じられましたが。
だからって個人的には何度も聴きたくなるって訳ではないんです、クオリティの高さとはまた別の話なんでしょうな…ま、自分でもよく分かりませんけども。


関連記事:
【最近聴いたCD】深田恭子「moon」| 2010.06.27
【最近聴いたCD】ともさかりえ「トリドリ。」| 2010.09.06
【最近聴いたCD】SOIL&"PIMP"SESSIONS「6」| 2011.11.08
0
    | music | 2014.06.02 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top