ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
小幡勇彦「一球さん」

この題名で水島新司の野球漫画を思い出した人、気持ちは分かるけどハズレです…ヒントは副題の「都電荒川線6152」、ってズバリ答えですなコレは。
本書の「一球さん」は、6000型車両の前照灯が1球である事に因んだ愛称なのだそうです。
東京都に1区間だけ残った路面電車、昔は発車のベルの音からチンチン電車なんて呼ばれてたものですが…70年代にワンマン化して車掌の代わりに都バスと同じ料金箱が運転席の脇に設置されて、以来この手の車両は徐々に姿を消していったと記憶しておりました。

僕は生まれがチンチン電車の通る町だったので、黄色い旧車両には見覚えがあるのですけど「一球さん」の若草色×アイボリーというカラーリングは初めて見ましたよ…では相当古い時代の写真かといえばさにあらず、ほとんどが'00年に撮られた写真なのであります。
この年までは隔週の日曜日に、車掌と運転手という二人体制の「一球さん」運行が続けられていたそうで。
その休止を惜しんだ作者はプロの写真家ではないようですが、復活を願って本書を自費出版したっぽいですね…初版'01年の光村印刷刊で、ISBNも付いてます。

奇遇ながら、先日読んだ「東京の情景」で故・池波正太郎が描いた雑司ヶ谷のチンチン電車と同じアングルのショットがありました…あれから20年近く経っても変わらない、東京にしては広々とした空に温かな気持ちと郷愁を感じました。
ちょっと行って、今の様子を見て来ようかな?笑
小幡勇彦「一球さん」池波正太郎「東京の情景」比較
0
    | books | 2014.06.04 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top