ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアニメ
「LUPIN the Third 峰不二子という女」1〜5話

以前「ルパン三世(赤ジャケ)」全話をダビングしてくれた友人から戴きまして、深夜アニメ枠でやってた当時は(誰が観るか!)って感じだったんですがね…というかテレビないので観られなかったけど、栗貫ルパンとかスピンオフなんて別物だと思ってましたから。
原作の漫画とアニメが別物なように、基本的にルパンって作品毎に別物とは思ってるんです…で、僕の場合は赤ジャケで線引きしたというだけの事なんですが。

いきなりトッポいOPですなぁ、音楽が菊地成孔で歌ってるのは橋本一子かな?
まるで「劇場版(マモーとの対決)」で映像化された、ルパンの脳内みたい!笑
峰不二子役は沢城みゆき、五ェ門は浪川大輔とかいう輩なのね、みんな研究熱心なのは分かるけど詰まらんな…銭形警部役の山寺宏一は新しくて好感、というか山ちゃん本当に芸達者!笑
そして本作も「アニメ化40周年」の記念プロジェクトだったのね、しかし山下祐のEDは最終回と連動するんだろうけど拙いな!

んで第1話「大泥棒VS女怪盗」、ひょっとしてCLAMPも一枚噛んでるのかってなイントロから教祖役の故・大泉滉みたいな声…って別人だったけど、若きルパン三世が吸うのはジタンと分かってらっしゃる!

第2話「.357マグナム」では次元も登場、ただしマフィアを殺して寝返った用心棒?…でもボタンダウンの青シャツ着てるからなー、かなり旧ルっぽいストーリーと小林清志の変わらないアテレコに安心感。

「淑女とサムライ」は五ェ門回、しかし「詰まらぬ物」とか「可憐だ」とか「ガァルフレンド」とか言わせてんじゃねーよ…地名をわざとらしく変えてるのもオマージュのつもりかね、ことごとく唐変木なのもネタってか?(機関士不在の機関車が暴走するかよ)?笑

「歌に生き、恋に生き」の銭形×不二子の濡れ場って新鮮だな、辟易するようなオマージュより面白いや…でも盗み損ねパターンばかりなのも萎えるわ、安っぽいエロはともかく先が読めるストーリーが多すぎ。笑

「血濡れた三角」はピラミッドのアレキサンドライト争奪戦で、遂にルパンと次元が初顔合わせ…次元の煙草が(ペルメルっぽいけど)単なる赤無地なのが違和感&盗んだ宝を置いてくる甘さは消化不良、対決ムードは悪くないけど原点リスペクトってより同人の改変二次創作レベルなのは業界マナー的に如何なものかと。

特番もネタ切れで名探偵コナンとの抱き合わせに落ちぶれた「ルパン三世というドル箱コンテンツ」、その再利用が手堅い過去作品のマッシュアップとはねぇ!


関連記事:
【最近みたアニメ】「LUPIN the Third 峰不二子という女」6〜9話| 2014.07.04
【最近みたアニメ】「LUPIN the Third 峰不二子という女」10〜13話| 2014.07.30
0
    | animation | 2014.06.18 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top