おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「ファイナルファンタジーX」

本編は大詰め、いよいよシン凸ですが…その前に、せっかく飛空挺が自由に使えるようになったのでスピラ各地を再訪してみました。
一応、目的はジェクトのスフィア集めなんですけど…ビサイド島に戻るとガッタが討伐隊の再建に動き出してたり、連絡船リキ号では隊を抜けたクラスコがチョコボ飼育係になってたりと続編「X−2」への繋がりが散見できたのは思いがけない収穫でしたね。
こうした端役にも些細なイベントを仕込む目配りのよさ、やはり2周目で印象って変わるもんだよなぁ〜?

各地のジェクト・スフィアには、そこで記録された先代大召喚師一行の映像が残されていました…しかしジェクトは息子への土産にと撮影していた筈で、何故に撮ったそばから落としていったのかは疑問ですな。
本編に使用されたCGのムービーはゲーム内の施設で視聴可能なんですが、このスフィア映像は拾った時しか見られないのね…それと内容的には主人公たちの物語と特に関係なかったというね、当たり前だけど。笑

そういえば主人公ティーダとユウナの由来は沖縄言葉だったと思うのですが、このスピラ世界の祈り子や異界送りといった祭礼儀式にユタのウタキ巡りを連想してしまいました…ちょうど「バガージマヌパナス」をパラ読みしてて、小説の綾乃の決意と確かユウナが最後に言う台詞も響き合っているような気がしたりね。
PS2で最初のシリーズタイトル作だけに、CD-ROM媒体では敵わなかったグラフィックやフルボイスに気を取られがちでしたが…何気ないディテールに反映される世界設定の密度まで、丁寧に裏打ちされていたんだなぁーと今更ながら実感。

ちなみに今回、主人公の名前をティーダから「こむろてつや」に変更したのに何の意味もありません…正直、自分でもどうかしてたなって気がしますね。笑


関連記事:
【最近やってるゲーム】「ファイナルファンタジーX インターナショナル」| 2007.07.14
【最近やってるゲーム】「ファイナルファンタジーX インターナショナル」| 2009.02.25
【最近やってるゲーム】「ファイナルファンタジーX−2 インターナショナル+ラストミッション」| 2010.11.07
【最近読んだ本】「ファイナルファンタジーX ワールドガイド エボンの教えとスピラの人々」| 2011.01.22
【最近読んだ本】「ファイナルファンタジーX 最終攻略本」| 2012.01.13

〈プレイ履歴〉
【その1】| 2014.05.10
【その2】| 2014.05.16
【その3】| 2014.06.03
【その4】| 2014.06.09

【その6】| 2014.06.28
0
    | game | 2014.06.17 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top