ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「がんばれ! ベアーズ」

'76年のテータム・オニール主演作で原題は「THE BAD NEWS BEARS」、あの毒舌“くされバター”でお馴染みの…と思ったら言ってないの誰も、で気になって調べてみたら本作のヒットを受けて作られたTVドラマの方と混同してました。
ドラマ版は本作と役者が違うし製作スタッフも設定も違ってたのね、同じなのは役名と野球チームとビゼーの「カルメン」序曲ぐらいで。
って事は自分の記憶にある「ベアーズ」は大部分がドラマ版なのに本作のイメージが紛れ込んでしまっていたようですな、いやはや。

ウォルター・マッソー演じる、元マイナー・リーグ選手で今はプール清掃人のアル中バターメーカーが堪りません…主役はテータム・オニール演じる天才少女アマンダだと思ってたけど彼女は前半登場しないし、子供目線で観てた当時はヒロインに見えてたんだろうなぁ〜?笑
アマンダの母親とは元恋人同士で、今も互いに気はあるのだけどマジだからこそプロポーズ出来なくて弱気なバターメーカー…なんせ夢破れて飲んだくれてるダメ男だもの、父親同然に思っているアマンダに痛い所を衝かれて大人気なくキレる場面で両者が見せる涙が切ないんだ!

ストーリーは(最下位チームの快進撃)という、今じゃよくあるパターンですが…意外とコメディ要素は控え目で、野球は好きだけど居場所がなかったような連中が互いを認め合って強くなっていく姿が描かれます。
好守好打でチームの立役者となるケリーも、愛されない痛みから素直になれず不良ぶっていたんだよねぇ。
TVドラマ「コンバット!」で有名なヴィック・モロー演じる常勝チームのスパルタ監督と張り合ったバターメーカーも、子供に代理戦争をさせていたと悟ってからは結果より大切な事に気付いて成長するのです。
人生、9回裏ツーアウトでも何が起きるかっていうね。

とはいえ最大の見所は、やっぱりテータムの可愛さでしょう!
ソバカスが残るあどけない顔して生意気そうな目付きとハスキー・ボイス、モデル志願の12歳という女っ気と幼さの混じり合う年頃を好演してます。
他にも高エンゲル係数で口が減らないエンゲルバーグ、スコア・オタクの喘息持ちオギルビーや引っ込み思案のルーパスなどメンバー13人みんな可愛気あるなぁ…それと70年代カジュアル・ファッションの、野暮ったさも含めた弛さがまた「ボーイズ ボーイズ」っぽくて個人的にツボです。

だけど吹き替えには違和感ありました、僕も「水曜ロードショー」派なのかも…Wikipedia情報では「日曜洋画劇場」での吹き替え分に放映でカットされたシーンを別の声優で補完したそうで、旧作のDVD化としては感動的な仕事っぷりなのですけども。


関連記事:【最近みたDVD】「がんばれ!ベアーズ〈ニュー・シーズン〉」| 2014.07.01


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Bad News Bears (2/9) Movie CLIP - A Girl Ballplayer (1976) HD』(まんまとボイラーメーカーことバターメーカーに乗せられていまうアマンダですが、ちゃっかりおねだりしてる時の表情が可愛いなぁ・・・ちなみにラスト30秒は投稿者の宣伝です)


『The Bad News Bears (clip) Tatum O'Neal and Jackie Earle Haley』(今度はアマンダがテリーをスカウトするの巻き・・・最初にボロ勝ちさせて勝負する気になったら本気出す辺りに、テリーの場数が知れます)


『The Bad News Bears (5/9) Movie CLIP - I Don't Want Your Company (1976) HD』(アマンダの契約は12試合、それが終わったらママとの食事をと粋なセッティングをするもバターメーカー激おこプンプン丸・・・これまたラスト30秒に宣伝が入ります)
0
    | cinema | 2014.06.30 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top