おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「ファイナルファンタジーX」

いよいよシンとの対決っす、祈り子の夢も消えるっす!…夢なき時代の到来、それは夢見た世界を実現してゆく行動の時代っすよね?
それはもしかしたら、かつて宗教が森羅万象を代弁した中世から科学や物理によって宇宙を解き明かしてゆく近代への夜明けを追体験するような状況なのかも。

呆気なく初戦終了でシンはベベルに墜落、もしかしたら続編「X−2」にも痕跡が残ってたりしてね、次のプレイで確認してみようっと!
しかしショックだったのはラスボス戦に秘技コードが干渉したらしく、ジェクトさん無敵で倒せないじゃん!?…PARを切ってシン体内入口からリトライしたら呆気なくクリア、そして最後のムービー観賞。笑
やはりブツ切りプレイじゃダメだね、むしろ2度目の今回の方が感動しました。

これまでシンを退治しようとしてきた人々は、その正体を知ろうとせずに権威の情報操作を鵜呑みにしていたのね…膨大な幻光虫をまとっていたシンは不安や恐怖の象徴で、核となっていたのは中ボス以下の虫けらだったというのが深いな。
生と死の隔たりが小さいスピラは科学以前の世界そのもので、シンという呪詛を解くには術の成り立ちを把握しなければならなかった…そう捉えると陰陽師やシャーマンの術返しに似てる気がするし、ある意味「もののけ姫」の神殺しに近いニュアンスも感じられたり。

戦争と天災の複合体が生んだ「死の二重螺旋」を基調としていたスピラ文化は、これから徐々に変わってゆくでしょう…しかもたった1人の英雄によってでなく、空を見上げて歌ったスピラ中の人々によって復讐の神は滅ぼされたのでした。
だけど希望や復興にばかり気が向く事を戒めるように、最後は「思い出してください」と締め括られます。
だからといってモニュメントを残したり殊更に悲しみを共有するという話ではなく、いなくなってしまった大切な人とのパーソナルな体験を指しているのがまた心に沁みますね。


関連記事:
【最近やってるゲーム】「ファイナルファンタジーX インターナショナル」| 2007.07.14
【最近やってるゲーム】「ファイナルファンタジーX インターナショナル」| 2009.02.25
【最近読んだ本】「ファイナルファンタジーX ワールドガイド エボンの教えとスピラの人々」| 2011.01.22
【最近読んだ本】「ファイナルファンタジーX 最終攻略本」| 2012.01.13

〈プレイ履歴〉
【その1】| 2014.05.10
【その2】| 2014.05.16
【その3】| 2014.06.03
【その4】| 2014.06.09
【その5】| 2014.06.17
0
    | game | 2014.06.28 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top