ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「がんばれ!ベアーズ〈ニュー・シーズン〉」

何故か急にオリジナル版の方を思い出し、レンタル店に行ったら'05年のリメイク作を発見して両方とも借りちゃったという次第で。
原題は同じく「THE BAD NEWS BEARS」、監督は「スクール・オブ・ロック」「ファーストフード・ネイション」リチャード・リンクレイターで主演は「極悪レミー」で飲んだくれてロック愛を語っていたビリー・ボブ・ソーントン…70年代のオリジナル版では既にアカデミー助演女優だったテータム・オニールをキャスティングしていたアマンダ役を、サミー・ケイン・クラフトという無名の子役に振った時点で本作は失敗だよね?

オリジナル版と本作の、どちらを先に観るかで印象も違ってくるのかな…冒頭のバターメイカーがグランド脇に車を停めるシーンで、早くも本作がオリジナル版には及びもしないと判明。
オリジナル版の色んな場面を、ちょっと面白くしようと弄っては失敗していますね…よく言えば現代的な風刺を利かせた訳ですが、見たまんま言えばダダ滑り。
それにしてもアマンダ老けてるなー、まぁテータムの絶頂期に敵う筈もないけどさ…30年前の12歳より発育が良好なら設定の年齢を下げなきゃ、彼女1人が4年生に混じった9年生って感じでデカすぎる!笑

本作だけでみれば可もなく不可もなくって位かもね、オリジナル版と同じ脚本なのに冴えないのは演出の問題なのかなぁ…訴訟やらフーターズやらバターメイカーの方向性といい昔と比べれりゃ今は色々と過激になっていると思う反面、そういう風に何もかも過剰だから昔ほど面白くないのかも。
逆にいえばオリジナル版って佳境まで結構シンプルなのよ、そこまで観客の目を惹き付けていられる画的な華やかさもないし…ところが本作は画面の賑やかさを追ってしまうせいか肝心な人物描写が浅くなり、誰一人(ダメ人間の可愛さ)が浮き上がってこないんだわ。

リメイク作として比べれば「トータル・リコール」みたいな特撮技術も要らないし「デュークス・オブ・ハザード」「スタスキー&ハッチ」と違って時代設定を現代に置き換えるわ役者もケチるわと安上がり感丸出し、制作費を抑えた分ネームバリューで手堅く黒字が見込めそうです…こういうビジネス発想で作られるリメイクが増えたら残念だな、と感じさせられる平凡なコメディ。
0
    | cinema | 2014.07.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top