ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
緑川ゆき(原作)、村井さだゆき(小説)「小説・夏目友人帳」

元は漫画だそうですが、アニメ化された時のシリーズ構成と脚本を担当した著者によりオリジナル・ストーリーでノベライズされた3編が収められています。
2ちゃんねるのオカルト板で名前が挙がっていて気にはなっていたんです、そして漫画やアニメより先に本書と出会ったという次第。
「妖怪から奪った名前が記された友人帳」という発想は興味深いです、名前を記された妖怪は持ち主に頭が上がらなくなるという…だけど祖母の因縁とか依り代に憑いた龍が用心棒とかいった設定は今市子の「百鬼夜行抄」と被ってて残念だな、ここまで設定を寄せなくても面白そうなのに。

さて本編、最初の「ランプ堂奇譚」は手紙の謎が分かっちゃって想定内の展開でした…ターゲットの年齢層なら知らないよなぁ、というか僕も戦中戦後のオカルト話で知ってただけなので普通は通用するだろうな。
しかし甘味処に(あまみどころ)とルビが振られていたのは何か意味あるのかと勘繰っちゃいました、まぁそれも間違いじゃないらしいんですが京都の人なの?
「妖の音」と「妖の夢路」は漫画が連載されている月刊LaLaに、それぞれ'11年と'12年に発表された短編で…まぁオチは予想がつくものの、テンポよい筆運びで読みやすかったですね。

本作を読んだ限りでは、僕は「百鬼夜行抄」の方が好みです…そりゃあ「LaLa」読んでる世代じゃないもんね、もうちょっと突っ込んだ妖怪話を期待してたせいなんで仕方ないわなぁー。
どうでも好いけど原作者による挿し絵を見て、やっつけちゃってる気がしましたよ…原作漫画の画力が心配になっちゃったけど、そんなの余計なお世話だな!笑


〈名前〉関連記事:
【最近読んだマンガ】CLAMP「xxxHOLiC 〜ホリック〜」1巻| 2014.06.20

〈妖怪〉関連記事:
【最近読んだ本】秦寛博「悪戯好きの妖精たち」| 2011.05.17
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
0
    | books | 2014.07.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top