ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近もらったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「FINAL FANTASY」

'01年に公開された、劇場版「ファイナルファンタジー」です…先日プレイした「ファイナルファンタジーX」に同梱されてた映像特典DVD「OTHER SIDE OF THE FINAL FANTASY」に本作の予告編があって、前にも観てるんですが改めて借りてきたという次第です。
スクウェア渾身の映画デビュー作であり、ゲームタイトルと区別するためか「THE SPIRITS WITHIN」というサブタイトルが付いております…興行的には大ゴケしてスクウェアを経営危機に陥れた「災厄」などと言われているようですけど、個人的には善悪二元論ではない東洋的な解決が非常に感動的なストーリーでした。

制作スタッフやキャラクター・ボイス(CV)にはハリウッド映画の経験者を動員、ソニー傘下のコロムビア・ピクチャー配給で全米公開し数か月遅れでギャガ・ヒューマックスの配給で日本公開…あらすじは地球外生命体ファントムの襲来によって存亡の危機にある西暦2065年、研究者と特殊部隊による混成チームが人類を救うべく困難に挑み驚愕の真実へと至る王道展開。
全編を高精度のフルCGアニメで描画すれば予算は当然パンパンに膨れ上がる訳で、しかもコンピューターによる演算処理だけでなく6万本の髪の毛が風になびくなど手動で処理した肉体表現は実に滑らかです。

ラブロックのガイア理論を発展させたら「FF7」のライフストリームになっちゃった的なコア設定は、ゲーム経験者かどうかで意見が分かれるでしょうな…「FF9」や「X−2」でも表現は違えど根幹のガイア的な発想は共通してるので、そこにファイナルファンタジーらしさがある気も。
ただ、最初に観た時の感動は思い違いかも…制作スタッフがコメンタリーで「8番目の精神波動はアキの○○」とか言うし、知るほどに実は「亡霊の浄化&生命の神秘」といった浅い話っぽく感じられて残念です。

ヒロインの日本語吹替は戸田恵子でシド博士が小林清志、オリジナル音声では視聴しなかったけれどドナルド・サザーランドアレック・ボールドウィン「ビッグ・リボウスキ」スティーブ・ブシェミなどCVも豪華な顔ぶれですな。
L'Arc〜en〜Cielによる主題歌も、エンドロールでしか使わない贅沢っぷり!笑
しかしスペシャルサンクスのトップに東京モード学園とか焼肉屋って何なのよ、しかも最後には坂口&会田の子供の名前とかさ…そして“In Memory of JACK LIAO 1967 - 2001”って誰?

コメンタリーは3本も収録されていて「榊原幹典共同監督と制作スタッフ(日本語)」はCG用語が飛び交う内輪の座談会ながら、画面では分からない情報も多かったです…ちなみに「アニメーション監督:アンディー・ジョーンズと制作スタッフ(英語)」および「ミュージックトラックと作曲家:エリオット・ゴールデンサル(英語)」は未確認。
特典映像も盛り沢山で、制作途中のプレゼン用みたいな「CGメイキング」は専門的な内容でしたが「『ファイナルファンタジーI〜X』フィルモグラフィー」はゲームファン垂涎かも?
「データ集」はスタッフ紹介や本編の用語解説など。


関連記事:
【最近みたDVD】「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」| 2008.11.19
【最近みたDVD】「OTHER SIDE OF THE FINAL FANTASY」| 2014.06.14
【最近みたDVD】「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」| 2017.05.03
0
    | cinema | 2014.07.07 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top