ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近みたDVD
「その男ヴァン・ダム」

原題ズバリ「JCVD」のタイトル通り、'08年に製作された本作はジャン=クロード・ヴァン・ダムが彼自身を演じるという「マルコヴィッチの穴」的な…って適当言いました、そっちは観てないんで分かりませんが要するにドキュメンタリー・タッチでメタ的なフィクション・ムービーです。
本作はフランス映画なのか、はたまた舞台となったベルギーがフランス語圏なのか…いずれにしても彼がネタ的ポジションと認識されてるのは世界共通だったのね、っていうかスティーブン・セガールまでネタになってたのは苦笑モノてす。

しかし一時はアクション界の新星と目されていた筈なのに、気付けばチャック・ノリス並みに存在自体がネタっぽくなっちゃったのは何故なんでしょうね〜?笑
娘の親権を失い、いつまでもVシネ級のビデオスルー作品しか仕事がないJCVD…傷心を抱えて生まれ故郷のベルギーに着いたものの口座が凍結されてカードは使えないし弁護士に切った小切手も不渡りになり、焦って飛び込んだ郵便局がまさかの人生どん詰まり!笑

肉体の曲がり角48歳で自ら仕切った自虐的セルフ・パロディ、終盤の唐突な観客目線でのモノローグ“これは…映画なんかじゃない、現実だ”…虚像を生きる孤独と苦悩と、時折カットインされるシェークスピアの戯曲らしき文章とラストの弱くて地味にキツい再会は(脱・アクション路線)にしてもショボいオファー受けちゃった感がうっすら。
正直ウケる映画じゃありません、だけど表現手段としては観て損はなかったな…ハリウッド的な親切さに欠ける分は教養で補えっていうヨーロッパ映画の敷居高さは微妙だけど、押井守の「アヴァロン」っぽい色調が街並みに合ってました。


関連あるのかもしれない記事:
【最近みたDVD】「その男ゾルバ <特別編>」| 2019.01.30
0
    | cinema | 2014.07.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top