おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD「BANG!… The Greatest Hits Of」

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドもまた(時代の仇花)という言葉に相応しい、単なる一発屋ではない当時のミュージックシーンに多大な影響を及ぼしたバンドだったと思います。
先日のジーザス・ジョーンズよりも若干古いながら、エレクトロ要素をロックに引き寄せたという点ではデュラン・デュランの功績を引き継いでいたような…しかしながら、そういう文脈で語るならFGTHの場合はZTTレーベルを率いていたトレヴァー・ホーンというプロデューサーの力量が全てだった気もしますけど。

トレヴァー・ホーンといえばオーケストラヒット、サンプリングマシンを駆使した斬新な音色遣いで一世を風靡した訳ですが…彼の送り出した最高傑作がFGTHのデビュー盤だったのではないでしょうか、当然ながら本作にも収録されている表題曲「Welcome to the pleasure dome」の立体的な音像と凝った楽曲構成は今でも色褪せていないと感じます。
本当はデビュー盤が聴きたかったのですが図書館にもレンタル店にもなく、Amazonでは異常に価格高騰していて手が出なかったのでベスト盤を借りてみましたが…やはり聴き所はデビュー盤の収録曲です、それ以外は聴く価値ないレベル。笑

トレヴァーに見出だされる前の彼らは、ビザール・ファッションをまとってキワモノを気取っていたけど普通のロックバンドだったらしいです…ホリー・ジョンソンの歌唱力は過小評価されてると思うくらいだけども、トレヴァーの手を離れたら楽曲的にも魅力が薄れてしまったのが明白です。
ブルース・スプリングスティーン「明日なき暴走」はデビュー盤からの収録曲で、シンプルにロックしていて名カバーだと思います。
個人的にはバカラックの名曲「サンホセへの道」も聴きたかったな、あのカバーがなければ僕の音楽遍歴はディオンヌ・ワーウィックに辿り着かなかったから。

デビュー盤に関しては昔知り合いだったガレージ・バンドのベース弾きが推していて意外でしたけど、コンセプチュアルな楽曲構成といいキュビズム風ポートレートのアートワークといい名盤だった気がするのは思い出補正じゃない筈…それに比べると本作はジャケもセンスないし曲順にも疑問を感じますよ、なんか余計にデビュー盤「WELCOME TO THE PLEASUREDOME」が聴きたくなってきちゃったなぁ〜?笑


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Frankie Goes To Hollywood - Welcome To The Pleasuredome (UKTV)』(どうでもいい事ですが、歌い出しの“ザナドゥでクビライ・カンが…”とは元国の上都を伝え聞いた西洋で理想郷と謳われた事に起因してるそうで)
0
    | music | 2014.08.13 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top