おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
伊藤清司(監修・解説)「怪奇鳥獣図巻」

工作舎より'01年に出版された本書は、副題「大陸からやって来た異形の鬼神たち」のとおり古代中国の各地に伝わっていた魑魅魍魎の類いを紹介する内容です…正確には“江戸時代に絵心のある人によって描かれた一巻の奇妙な絵巻物”の題名でありまして、その図版と添え書きを古代中国史と民族学の権威で慶應義塾大学・雲南大学の各名誉教授が監修し解説を加えるという体裁になっています。

本書の基となった図巻は、春秋戦国時代から前漢末期(B.C.500〜100頃)に編まれたとされる「山海経」を中心にピックアップされたらしいのですが…その杜撰さが伊藤の博覧強記ぶりによって隅々までほじくり返されてしまい、図巻の作者が気の毒に思えてきます。笑
この作者以前に伝聞の過程で生じた誤りである可能性も示唆されていて、そこにまた「100人の村」的なフォークロア要素が感じられて興味深いですけどね。

一つの胴体に首が二つの怪鳥だった比翼鳥は、半身同士で寄り添って飛ぶ絵図に描かれる瑞鳥に昇格…逆に九尾狐(きゅうびこ)は瑞獣だったのに亡国の大妖怪まで転落、また天狗(てんこう)はテングと違って吼え声を聞いた者を畏怖させるイヌに似た怪獣だそうで。
獏は悪夢ではなく金属しか食べないけど邪気を払うまじないになり、日本では節分の夜に獏枕をする風習があったとか…神獣とされる龍馬(りゅうば)は、この図巻では麒麟っぽい絵です。
漫画「あまつき」のキーワード白澤も人語を解する神獣で、怪物や鬼神に関する詳細を伝えて災厄を免れた事で信奉されたのだとか。

基本的に異形といっても独特な姿形ではなくキメラなんですねー、既知の生き物からパーツを組み合わせる安易な発想…そうではなく神の方が人前に顕れる上で(見慣れてるけど何か違う)的なコンセプトで造形してたのかな、あるいは各パーツが能力に関連した象徴的な形態だったりするのか?
中には駝鶏のように、絵では奇怪だけど説明を読むと駝鳥そのものだったりも…明代にはアフリカにまで交易網を拡げていた中国だけに、遠方から献上された動物や鳥に尾ヒレが着いただけだったりするのかもね。
アラビアンナイトにも、中国ネタが結構あったよな。


関連記事:
【最近読んだ本】秦寛博「悪戯好きの妖精たち」| 2011.05.17
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17

〈古代中国〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」| 2008.10.07
【最近読んだマンガ】久保田千太郎(作)、久松文雄(画)「秦始皇帝」上下巻| 2009.09.22
【最近読んだマンガ】和泉かねよし「二の姫の物語」| 2009.06.25
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
【最近読んだ本】宮城谷昌光「重耳 (上)」| 2019.05.10
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」展| 2018.10.29
【最近読んだ本】陳凱歌「運命の子」| 2019.09.17
0
    | books | 2014.08.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top