ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
齋藤芽生「徒花図鑑」

これはアートなのか?いやイラストでしょうね、一言で言えば(架空の植物図鑑)であります…若干「ヴォイニッチ手稿」を連想しなくもないですが、そこまで突き抜けた突飛さでもなく。
また松井冬子の描く直截な生死とグロテスクさとは質を異にするものの、やはり昭和的な湿り気と痴情も含めた妖しさには女性的なセンスを感じてしまいます。
初期の細密さはアクリルらしい発色ですが、アクリルガッシュのマットな質感で蛍光感を描いている近年の作品には何故だか背徳的な快感を覚えてしまいます。
初版'11年、芸術新聞社刊。

芸大在学中から制作されていたという図鑑を模した初期のシリーズだけでなく、花輪シリーズやジョゼフ・コーネルの箱庭めいた祭壇シリーズから現在進行形らしいジオラマ見世物シリーズ(すべて勝手に命名)と徐々に花自体が画面に占める比率は減りながらウェットな情のイメージが増大傾向にあるのは興味深いな。
抑制された痛々しさが極大に達して可笑しさに変換される寸前に、作者の原風景である団地というモチーフを得て彼女の徒花ワールドは昇華を遂げたのかも…花は孤独であり枯れゆく美であり匂いを放つ生命でもある、それらを本質とするなら画面に描かれなくとも彼女の花は咲いている訳で。
0
    | books | 2014.08.12 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top