ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
新倉万造×中田燦「大人の写真。子供の写真。」

初版が'06年の(木世)文庫で、表紙に“近所の市場から、鹿児島県奄美大島まで、大人と子供が撮り歩いた絵日記みたいな写真たち。“そこのお父さん!お母さん!子供の写真ばかり撮ってないで、たまには子供といっしょに写真を撮りに出かけませんか?”と書かれてあります…また巻末には“大切なことは、たまには子供と同じものをじっと見るということ。子供がふだん何気なく見ているものをじっと見せてやるということ。”とあり、本書がただの写真集ではない事が強く打ち出されているのです。
つまりカメラを介して親子で一緒に遊ぼうよ、と。

子供と大人が同じ被写体を撮る、シャッター押せばそれなりに撮れちゃう一眼レフに50mmレンズを装着して…カメラひとつで生きてきた53歳と、カメラを持ってるだけで嬉しくて仕方ない6歳の幼稚園児の写真。
しかし自分の息子ではなく仕事仲間の娘と組んだ辺り、なあなあ過ぎない間合いで決めたのか経費で落とす家族サービスにしない点に職人気質を感じたりして。
とはいえ燦の実父である中田諭志も同行し、短い文を写真に添えたりしてます。

“子供の視線、大人の視線とはよく言うが、それは単純に高さだけの問題ではなく、何かと出会った時の感動のレベルなのだ”
知らず知らずに口許が弛み、ちょっと笑っちゃう。
大人と子供がカメラを構えるツーショットも微笑ましく、だけど子供らしく飽きちゃう感じもまた好いな!


〈子供写真〉関連記事:
【最近読んだ本】「childlens」| 2009.01.14
【最近読んだ本】豊田市美術館・編「内なるこども The Child」| 2009.03.10
【最近読んだ本】菅洋志・編「キッズフォトグラファーズ 盲学校の23人が撮った!」| 2014.02.09
【最近読んだ本】新倉万造×中田燦×中田樂(撮影)、中田諭志(文章)「大人の写真。子供の写真。II」| 2014.08.24
【最近読んだ本】ワンダーアイズプロジェクト(編)「ワンダーアイズ」| 2015.06.17
【最近読んだ本】グレッグ・ペンブローク「うちの子が泣いてるワケ」| 2015.08.18
【最近読んだ本】須藤夕子「Catch Your Smile!」| 2016.09.25
0
    | books | 2014.08.15 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top