ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
幸村誠「ヴィンランド・サガ」1巻

本作はヴァイキングを描いた漫画なんです、これもやはり「テルマエ・ロマエ」がヒットした流れなんでしょうかねぇ?
フランク語では「北の民(ノルマンニ)」と呼ばれ、イギリスでは「デーン人」、ビザンツ帝国では「ルス」とか「ロス」と呼ばれていたヴァイキング…ヴィンランド(草の国)とは遥か西海の彼方にあるという常春の樂土を指すそうで、実際に最も早くアメリカに移住していた白人はヴァイキングだったといわれますね。

話は11世紀、フランク王国領内での内輪揉めから話は始まります…湖を背にした砦の弩(いしゆみ)に破門鎚も役に立たず、一時退却した攻め手に加勢するのがヴァイキングの集団です。
デンマークの兵団にあって“アイスランドの戦士”を名乗る少年が主人公のトルフィン、戦いの見返りに要求したのが決闘とは…自軍の頭目アシュラッドに、父親殺しの仇として決闘を申し込むのでありました。
財宝を積んだ竜頭の船団が本拠地に帰港し、立会人の下で決闘に…トルフィンは二刀流の短剣で肉薄するも、場数の違いで組み伏せられて肩関節を外され敗北。

ここまでが最初の2話で描かれ、第3話からは10年前のアイスランドに話が遡ります…第5話のラストでトルフィンの父がかつて“戦鬼(トロル)”と畏れられた英雄と判明し、デンマーク軍のイングランド侵攻に召集されるのですけども。
普通に考えたら主人公の昔話にしては長いですよね、次巻も続きそうですし?
なのに冗長さは感じさせなくて、入念に時代考証したであろう描写に引き込まれてます…というか題名に「サガ」ってある位だから、主人公も代変わりしそう。
このグイグイ感は「ベルセルク」を彷彿とさせます、主人公が秘めた激しい感情が似てるのかな?


続巻

関連記事:
【最近読んだ本】スーザン・M・マーグソン「ヴァイキング」| 2008.11.18
【最近読んだ本】リチャード・プラット「海賊」| 2009.01.04
【最近読んだ本】フィリップ・ディクソン「insiders ビジュアル博物館 騎士と城」| 2011.06.22
【最近読んだ本】「NHKスペシャル ローマ帝国 COMIC Version 超大国の興亡〜皇帝たちの光と影」| 2013.12.14
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (1)」(再読)| 2019.06.05
0
    | comic | 2014.09.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top