おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
TUCK & PATTI「The Best Of」

彼らのベスト盤って色々あるのねー、本作は'95年にリリースされたCDです…選んだ理由はAmazonの中古盤が1円だったからです、とりあえず同僚君に聴かせるのが目的なのでヒット曲「Time after time」が入ってりゃ構わなかったので。
本作には前述のシンディ・ローパー作品のカバーだけでなく、同僚君から先日借りて聴いたジミヘンのアルバムに収録されていた「Castle made of sand」と「Little wing」のメドレーやサンタナの代表作「哀愁のヨーロッパ」などカバー曲が多いので聴きやすいです。

ちょっと前に同僚君オススメの日本人男女デュオFRIED PRIDEのCDを聴いてタック&パティを思い出し、図書館やレンタル店で探してみたけど見付からず…いやあるでしょ普通、と思ったけれど世間じゃ結構マイナーだったのでしょうかね?
しかし彼らがウィンダムヒル系アーティストだったとは、僕もネットで検索かけるまで知らなかったけど。
当時は一世を風靡した感があるウィンダムヒル・レーベルも、今じゃ図書館もレンタル店もジョージ・ウィンストンの「オータム」一択っていうのは驚きです。

ちなみにフライド・プライドも彼らと同じくギター&女声ボーカルの二人組で、ソウルフルな歌唱スタイルも同様…ですがタック&パティの方が10年ほど早いし、タックの用いるタッピングというギター奏法はスタンリー・ジョーダンどころかバン・ヘイレンのエディとどっこいどっこいの70年代後半からというから年季が入ってるのです。
そしてカバー曲の多さは後続のスタンリー・ジョーダンにもフライド・プライドにも引き継がれております、まぁジャズ系ミュージシャンの作品ではカバーじゃなくスタンダード演奏なので珍しくもない事ですが。

少なくとも本作に収録されたスタンダードで原曲超えは先述の1曲のみです、下手なカバーよりオリジナル曲の方がラウンジーで好い気もしますが正直なところ好みって程ではないかな。


関連記事:
【最近聴いたレコード】スタンリー・ジョーダン「マジック・タッチ」| 2014.03.30
【最近聴いたCD】FRIED PRIDE「STREET WALKING WOMAN」| 2014.03.30
【最近聴いたCD】RODRIGO Y GABRIELA「同」| 2015.04.29
0
    | music | 2014.09.03 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top