ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
トム・ゴドウィン・他(著)、伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」

初版'11年のハヤカワ文庫で、実は'80年に出た同名アンソロジーを再編集した「新版」なのだそうだ。
新版を組み直すにあたって、旧版の共編者も務めた編者は表題作以外を自身の訳した作品に変更したのだとか…そうなるとタイトルと体裁が一緒でも別物ですよね、それでも表題作を変えなかったのは何故か?
収録された9編はすべて50年代の海外SF短編ですが、表題作は突出して有名なタイトルであるだけでなく出来映えも秀逸だからではないかと思いました。

表題作の粗筋は「救命艇に潜り込んだ少女の命運」という、今や王道のSFサスペンスで…少女を救うには燃料が足りないし助けを呼ぼうにも周囲は何光年も無人の宇宙空間、読者は操縦士になりきって最善策に知恵を絞るのですけれども。
それ以外の作品は、ハッキリ言うと冗長で退屈に感じました。
発想は面白くても読んでてダレる、つまり中身は古くなくてもテンポが古い!
これは日本の近代文学にも当てはまると思うのですが、昔の書き方は回りくどいし物語に引き込む力が薄れているので焦れったくなってくるのです。

とはいえロバート・シェクリイ作「徘徊許可証」のトボケたブラック・ユーモアや、クリフォード・D・シマック作「ハウ=2」に感じられた白人の奴隷解放恐怖は楽しめましたね…逆にジャン・ストラザー作「みにくい妹」は冴えない改変シンデレラだし、スティーヴン・キングの「ファイアスターター」元ネタとも言われるC・L・コットレル作「危険! 幼児逃亡中」は大友克洋の「童夢」ばりのスプラッター念力なのにコメディっぽい題名にしたのは翻訳側の失敗なのかも。

しかしアイザック・アシモフの作品は本書で初めて読みましたよ、物理学者でありながら体が浮くようになってしまった大学教授の失脚から名誉挽回を描いた「信念」です…ポール・オースターの「ミスター・ヴァーティゴ」は本作を下敷きに空中浮遊を描写したのではないかと思いましたが、SFの神様にしては地味というかガジェットも派手なギミックも抜きで完全なSFに仕上げてるのは凄いな!
自分が物理法則に反するジレンマを、意外な解決策で特別待遇に変えた教授ですが…さらりとオチで友人が暗示するのは、自ら研究材料になった事を本人だけが気付いていない怖さ。
アシモフ、流石ですわ〜。


〈アルフレッド・ベスター作「オッディとイド」〉関連記事:
【最近読んだ本】山井教雄「まんが 現代史」| 2014.09.26

〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】SFマガジン編集部・編「Sync future」| 2011.03.17
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだ本】大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」| 2014.01.22
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04

〈伊藤典夫(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、浅倉久志(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、浅倉久志(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25

関連なくもない記事:
【最近読んだ本】横田順彌「予期せぬ方程式」| 2016.08.11
0
    | books | 2014.09.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top