ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ゼロ・グラビティ」

原題は単に「GRAVITY」なのね、どうでもいいけど。
先日読んだ「宇宙のランテヴー」解説で訳者が本作について触れていて、無重力状態の描写を読んでいると直接的な関連性はないものの本作が気になりまして。

いきなり舞台は地球の衛星軌道上、ハッブル観測衛星の修理でスペースシャトルから船外作業中のクルーに降り注ぐ想定外のスペース・デブリ群…開始早々15分で無重力という恐怖に放り出され、サンドラ・ブロック演じるストーン博士と共に翻弄され続ける事になります。
宇宙空間には酸素がないので遠くにあっても鮮明に見えますし音は聞こえません、理屈で分かった気になっていた事も映像の擬似体験だけで感覚的な勝手の違いを思い知らされますね…ましてや無重力下での慣性の法則は強烈ですな、空気抵抗がないって凄まじい!

宇宙に放り出されて通信も途絶、残存酸素も僅かという絶望的状況…ジョージ・クルーニー演じる同僚のコワルスキーがバーニア全開で救助に来てくれてホッとするのも束の間、シャトルも大破して全乗員も死亡…遠くに浮かぶ国際宇宙ステーション(ISS)まで辿り着いたものの、頼りになるコワルスキーを見捨てざるを得ないのが本当に辛い!
遂に宇宙で独りぼっち、それでも次々と容赦なく発生するアクシデント…そりゃあ“宇宙なんて大嫌い”って言いたくもなります、僕だったら泣きながら発狂するに違いありません。

(どうせ宇宙の密室劇だろ)と、観るまで正直なめてました…未来SFの世界では描かれない、現代のSFが如何に脆く儚いものなのかを味あわせてくれますよ。
かつての海洋スペクタクルに近い要素はありますけれど、無酸素で無重力という制約の中の孤独ですからね…それに青く美しい地球が、手が届きそうな場所に見えているのも切ないのよ。
燃料切れのソユーズで軌道上を漂流しながら死を待つストーン、まるで宇宙犬ライカのように…しかしまさか「未来世紀ブラジル」の衝撃を逆用してくるとはなぁ、そして最後にパーソナルな物語と重力をキッチリ噛み合わせる手腕はお見事!

“生きる意味が どこにある?”“だが問題は 今どうするか”…美味しい役だよなクルーニー、出突っ張りで体を張ったサンドラが食われてるんですけど?笑
出演者の人数は、僕の知る限りでは最少ですね…それだけCGなりSFXなりに依存した作品ではありますが、まったく嫌味になっていないのは見せ方の巧みさと脚本の上手さでしょう。
しかしエンドロールの謝辞にギレルモ・デル・トロやジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャーの名前が挙げられていたんですけど…特に前者二人って結構よく挙がるのは何故ですかね、単にアルフォンソ・キュアロン監督がファンだからか?笑


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】毛利 衛・撮影「私たちのいのち 地球の素顔」| 2008.04.01
【最近読んだ本】マイケル・ライト(編)「フル・ムーン」| 2009.08.18
【最近読んだ本】ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」| 2010.05.16
【最近読んだマンガ】星野之宣「残像」| 2011.05.05
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
【最近みたDVD】「王立宇宙軍 オネアミスの翼」| 2015.07.02
0
    | cinema | 2014.10.07 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top