ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
本城直季「本城直季写真集 small planet」

初版'06年のリトルモア刊、タイトルだけでなく表紙に使われた写真を見ても前に読んだミニチュア人形の写真集を連想しますが。
これ、本物なんだぜ…?笑
もはやフィルムを使用する、いわゆる銀塩カメラの理屈では不可能なんですね。
都市を低空から見下ろす構図からするとヘリコプターで撮影した筈ですが、その振動でもブレないシャッター速度でこのシャープなフォーカス…しかも風景写真で近景と遠景をボカすのは、大判カメラのティルトですか?

感度が高いフィルムほど粒子が粗いというのは過去の常識なのか、そう考えるよりもデジカメ撮影のデジタル編集と考えた方が辻褄も合うんですよね…実際、フリーの画像編集ソフトでも「トイ・カメラ」風の調整が出来ちゃったりするし。
ピンぼけをシャープにする機能や色調を均一化したり彩度を上げたりする機能もある、それらの組み合わせで現実の光景をミニチュア化する事は知識があれば僕レベルの素人でも可能なんだろうと思えるのですね。
だけども本書は単純に、観ていて面白いんですよ。

巻末に寄稿している佐藤雅彦の言葉を借りれば“この時の我々の脳の仕事が我々にとって、新鮮で楽しくてしょうがないから”なんだろうなぁ、作者のあとがきにある“人は一つのものに囚われると局所にものを考えて見るくせがあります。すぐに原因結果を求めてそれだけを見ようとします(中略)一歩退いてものごとを見ると様々な答え、結果がでてきます”という指摘は箴言ですねぇ…作者の哲学、というと大袈裟に聞こえますが思想に貫かれているから見飽きないのかも。
ところでトイカメラ風に見えるのは、僅かな画素数の差違を無効にしてるのかな?


追記:amazonレビューによりますとMiklos Gaálなる方が先行者らしいですが、本書は2006年度の木村伊兵衛賞を受賞したそうです。


〈ミニチュア〉関連記事:
【最近読んだ本】パラダイス山元「ザ・マン盆栽百景」| 2009.05.26
【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
【最近読んだ本】スリンカチュ「こびとの住む街 2」| 2013.08.28
【最近みたDVD】「俺たちサボテン・アミーゴ」| 2013.08.29
【最近読んだ本】MINIATURE CALENDAR(田中達也)「MINIATURE LIFE」| 2014.05.26
【最近みたDVD】「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」| 2017.09.18
【最近みたDVD】「ダウンサイズ」| 2018.09.23
0
    | books | 2014.10.08 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top