ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
今井智己「真昼」

初版'01年、本書は青幻舎より刊行された写真集だ。
表紙の写真がタイトルと裏腹に真夜中で、しかも橋の上の車道側から写した歩道というのが心憎い…外灯に照らされた、無機質で無人の光景に真昼を思うとは。
それで全部が夜中の写真かと思えばそうではない、最初に見えるのは残雪と新緑が入り雑じる荒涼とした高地だ…中央アジアだろうか、その拡がりに心奪われていると再び深夜の光景に。
人生で何度か、夜通し都市を彷徨した際に見たような既視感と孤独さとは異なる疎外感…合間に見える日中の風景は、ナイト・ウォーカーの夢想だろうか?

そして夜間の写真は長時間露光でバルブ撮影したような柔らかさでありながら、木々の葉はシャープにフォーカスされている…撮影地や器材のデータ記載がない事で、想像の着地点が失われているのは幸か不幸か。
明けない夜は都市部をさ迷い、どこか褪せたような色味の光景は森へと分け入り…さりげないが印象深い眺めが幾つもあり、強烈な光によって記憶が途切れたかのような何もないページが続いた後の最終カットで連鎖した想像力の白日夢は唐突に断ち切られて終わる。

船越桂の言葉通り、実際“何を写したかったのだろう”と思わなくもない…だが一見すると脈絡ないような光景の繋がりに、僕は自分で物語を紡いでいたのだ。
また横浜美術館学芸係長の天野太郎という人物が指摘するように、確かに本書で写されているのは事物の境界を溶かし込む暗さの夜ではない…もはや都市に限らず人工的に整備された生活圏に闇の妖しさは存在しないし、それは僕が想像した孤独さとは異なる疎外感を裏書きするかのようだ。
その漠然とした空虚さの正体に気付くと、中央アジアかと錯覚した国内の山岳地らしき非日常の眺望が冒頭に配置されていた周到さが意味深く感じられた。
今井智己「真昼」
0
    | books | 2014.10.11 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top