ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集 マンモスハンター、シベリアからの旅立ち」

縄文人のルーツは南方アジア、という定説を覆すDNA鑑定結果が…縄文人はシベリアのパイカル湖周辺に住むブリヤート人と遺伝的に近縁である可能性が浮上、約2万3千年前には現地のマリタ遺跡に住んでいた人々がマンモスを追って氷河期の終わりに日本列島へと辿り着いたのだとか!
本作と同時に借りた「古道」という本を先に読み始めて、日本最古の道が(ナウマンゾウを追って拡散した原日本人の足跡である)という行(くだり)まで読んでいたので再度ビックリ!
パケ裏の説明まで詳しく読まずに借りてきた本作、まさか「古道」の掴みと被るなんて思わないじゃん?笑

氷河期の日本列島を見ると、北海道はサハリンと地続きで対馬海峡も川のよう…なるほど、これならシベリアルートも朝鮮ルートも自然な経路だわなぁと納得。
世界各地から収集された132民族の500万件という膨大なデータが登録されている、国立遺伝学研究所のDNAデータバンクで29体の縄文人から採取したDNAデータを照合した結果…韓国、台湾、タイのデータと一致した縄文人が各1体、シベリア先住民ブリヤート人と一致したのは17体もあったそうです。

ブリヤート人は遊牧民で、所謂ロシア人というよりはモンゴル系の顔立ちですが…日本人というよりも、かなり大陸系の顔ですねぇ。
しかし人類が定住する場所としては世界で最も寒いという、真冬の最低気温はマイナス60℃という想像を絶する地域…米原万里が訪ねた、シベリア寒気団の故郷の近くじゃないのか?
しかも東京の平均気温が10℃は低かったという氷河期で、この地がどんだけ酷寒だったのかを考えればマリタ遺跡の発見は確かに衝撃的だったのでしょうね。
石器や技術的な特徴の共通性からも、古ブリヤート人が縄文文化の基盤を形成した可能性が高いのだそう。

毛皮のティピで40人ほどが暮らしたマリタ集落、そこには2万3千年前にも夏は花が咲き誇り様々な動物が生息しており…マンモスを筆頭とする大型草食獣の群れが、狩猟の旅を続ける一団を導いたのでした。
それは約20万年前にアフリカの大地溝帯で誕生した人類が約10万年の後に始めたグレート・ジャーニーの北限…シリア付近から東方面に向かい、更にガンダーラの西からスタン諸国へ北上した人々が辿り着いた世界の先端だったのかも。
確か「モンゴロイドの道」では、ベーリンジアを渡る前にこの辺りで一時的な移動の停滞があったと書かれていたような気がします。

マンモスが水辺から数多く出土する事から、大きな獲物は水際に追い込んで狩る方法が用いられたと考えられ…って事は野尻湖のナウマンゾウが湖畔から出土するのも同じ理由だろうね、像の墓場なんかじゃなく。
骨から削り出した槍の両脇に交換が利く細石刃を埋め込んだ複合素材の、骨まで貫く武器でマンモスを狩った人々…再現実験の様子は、人類の知能が太古の時点で一定水準に達していて現代まで進化していない可能性を感じさせてくれます。
人々は極寒のシベリアにあっても短い夏に集中して仕留めた大量の獲物で、その皮を剥ぎ骨を削ぎ肉を干して長い冬を越したのです。

やがてマリタの集団は最寒冷期を迎えると集落を放棄せざるを得なくなり、マンモスを追ってサハリンへと移動したグループは北海道に到達します…更に凍り付いた津軽海峡を断続的に渡ってきた人々が、今度はそこにいたナウマンゾウを追いながら本州全土に拡散するも1万5千年前の未曾有の温暖化で植生が激変(森林化、海面上昇)し大型獣は絶滅。
狩猟中心の生活から採集や漁労を取り入れて、原始的な農耕も営むなど環境に適応していったのだろうなぁ…縄文からでなく縄文以前から考えると、また新鮮な印象で歴史を感じますね。
「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集 マンモスハンター、シベリアからの旅立ち」

キャプチャ画像です、現代の都心に氷河期の状態をオーバーラップさせたCG合成


関連記事:
【最近読んだ本】米原万里、山本皓一「マイナス50℃の世界」| 2013.04.27
【最近読んだ本】藤森栄一「古道(こどう)」| 2014.12.13
0
    | cinema | 2014.10.16 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top