おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近聴いたCD
BOOKER T. & THE MG'S「McLemore Avenue」

ビートルズの「アビーロード」は世界で最もパクられた(あるいはネタにされた)アルバム・ジャケットだと、どこかで読んだ気がしますけど…本作は、なんと曲ごと頂いちゃってるという大胆不敵なアルバムです。
ブッカーT&ザ・MGズはサザン・ソウルのメッカ、今は無きスタックスという黒人音楽専門レーベルの看板ミュージシャンでした…'69年にリリースされた本作は、ビートルズの人気にあやかろうというよりも英国生まれの新しいロックンロールに対する挑戦状だったのではないでしょうか?

全10曲中、オリジナル・トラックの前半4曲約44分弱の3曲がメドレー形式の「アビーロード」カバー…後半のボーナス・トラック約20分弱もまたビートルズのカバー曲が占めている本作、アルバムタイトルはスタックスのスタジオに面した通りの名前でジャケ写もまたそこの横断歩道を渡るメンバー4人という構成。
リリース時の裏ジャケで、腰を屈めたブッカーTと思しきコート姿の男が通りを行く女性の生足を凝視しているのが可笑しいなぁ!

ブッカーT&ザ・MGズは有名な「Green onions」辺りしか知らないんですけど、僕の脳内ではトロージャンズを率いるギャズ・メイオールの親父ジョンが同時代に率いていたブルース・ブレイカーズの音とイメージが被っちゃうんです…英国ロックは米国南部のR&Bから生まれたと言われますが、実際どれだけ似ているのかは自信ありません。
ただブッカーTの奏でる鍵盤、特にオルガンの感じにデルタ・ブルースからの血脈が受け継がれているような…って、また大して知りもしない半可通が生意気な事を言ってみたりしてね。

僕はビートルズなんて興味ないし「アビー〜」も別に聴こうと思わないし、正直ブッカーT&ザ・MGズも好きって訳じゃないんです…たまたま図書館で本作を見かけて、意外とビートルズが好きな同僚君に聴かせたらどう思うかとネタ的なノリで借りてきたんです。
なので本家「アビー〜」との比較は出来ません、せいぜいボートラに収録されていた「Eleanor Rigby」しか比べようがないんですわ…その曲に関して言うならば、もうブッカーT色に染まっちゃってるとしか言い様がないんじゃないの?笑
あのクラシカルな和声をベタな短調のブルースに、っていう強技は敵いません。


関連記事:
【最近聴いたCD】ブッカー・T & ザ・MGズ「メルティング・ポット」| 2010.11.21
【最近みたDVD】「The Blues Brothers」| 2017.08.08
【最近みたDVD】「The Stories Behind the Making of The Blues Brothers」| 2017.08.11
0
    | music | 2014.11.02 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top