ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ロートレック(画)、田村隆一(詩)「ロートレック ストーリー」

初版'97年の講談社ルピナス・シリーズ、画家と詩人のコラボレーションといっても「コーネルの箱」みたいな(がっぷり四つ)感はなくて…まぁ絵本っぽいといいますか、画家の作品にインスパイアされた詩を組み合わせた薄い本なのです。
シリーズ中たまたま本作がそうなのかもしれませんね、吉行和子や河合隼雄の既刊本では違うだろうし与謝野晶子とミュシャではインスパイアも何もなさそう。

ロートレック作品は何かの折に目にする機会はあっても、観たと言うほど真剣に見た事はありませんでした…だけど自分の中で気になる存在ではあったのです、これはアートなのか?と。
いちいち型に嵌めなきゃ気が済まないって訳じゃないんですが、ポップアート以降の「イラストレーターもデザイナーもアーティスト気取り」みたいな扱われ方への違和感から遡って考えるとロートレックで行き詰まってしまうものでして。

ロートレック作品といえばポスターで、そう考えると単に広告業の草分けなんですね…だけど作品の質というか感触はアートっぽくて、そこで混乱するのです。
例えば横尾忠則をアートと言われたら「ふざけんな」と思うんですね僕は、ウォーホルはグレーゾーンですけども…で、本書を見ていてロートレック作品はやはりアートなんじゃないのかという気がしてきました。
ファインという概念からは外れるとしても、ロートレックのポスターは似非アートではないと感じます。
寧ろ、以降の広告業界が未だ彼の作品を模倣し続けているに過ぎないんですよ。

今やデザイナーにコピーライターにアートディレクターなどと人手を増やして御大層に金をかけても、ロートレック作品が陳腐に見えるほど超越したポスターなんぞ作れていないでしょ?
彼の作品から100年以上経っても超えてない、それが広告業界の似非アートたる証左でしょう…ロートレックをパクっているだけで飯が食えるのに、それ以上に頑張っちゃったら後が続かなくて自分たちの首を絞めかねないんですからね!

ところでロートレック作品を見ると妙に不安な気持ちにさせられる、この色遣いって何なんでしょうか…時たま出てくる青白い顔が特に感じさせるのです、この幽玄さは僕だけの感覚か?
僕は油絵に詳しくないので、酒場の情景に緑や青の地色が強く出ているのが分からないんです…補色効果で色の冴えを狙った下塗りだとしても、それでは説明になっていない気がして。
それは所謂ポスター画にはない要素なので、そのデカダンスな色味にこそロートレックの本心が表れているという見方も出来ますが。

ちなみに田村の詩は感想文レベルですね、詩人としての知名度で起用したの?笑
0
    | books | 2014.10.20 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top