ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ショーン・タン(作)「アライバル」

どう見ても絵本なのですが、絵本と呼ぶには文学的というか映画的というか…最初にパラパラと見た感じはセピア色で描かれたバンドデシネみたいで、昔の「PHOTO JAPON」誌で連載されていた「スピノザ」という無声漫画を連想しました。
コマ割りされた絵本というのはありますが、文字が一切ないんです…海外の古い記録映像を思わせる光のボケ加減、絵だけでなく表装やページそのものを長く使い込んだように色付けている手の込んだ仕事ぶりで。

タイトルの「到着」が表すように、作者自身もそうであった移民の物語なのですが…妻子を置いて男が着いたのは奇想天外な文化と生き物たちに囲まれた新天地で、そこに根を下ろすまでの日々と彼からの仕送りで妻子を呼び寄せる「到着」を経て親子の新たな生活までが描かれております。
と、筋書きでは本書の魅力は何も伝わらないですが。
しかし本書に描かれる世界は実に独創的でいて写実的で、一冊まるごとが移民の歴史を綴った一族のファミリー・アルバムなのです。

裏表紙にある「各方面から絶賛の嵐!」的な文章の中で、マルジャン・サトラピが本書の高い芸術性だけでなく“勇敢な本”と評している理由は分かりませんでしたが、一読しただけでは理解出来ていない気はしますし…きっと本書もまた重層的で、読む度に新たな何かを感じさせてくれそう。
写真集「100年前の世界一周」で客船デッキにすし詰めだった渡米する移民の姿を思いながら、遥か太古に散らばっていった人々の旅路にも思いを馳せ…様々な不穏さを孕んだ旧世界とユニークで平穏な新世界のノスタルジックな描写の対比、スペクタキュラーな場面の表現に魅了されます。
アライバル


関連記事:
【最近読んだ本】ダレン・シムキン「スーツケースに時間をつめて」| 2011.01.07
【最近読んだ本】エリック=エマニュエル・シュミット「モモの物語」| 2014.10.26
【最近読んだ本】ショーン・タン「見知らぬ国のスケッチ」| 2014.11.22
【最近みたDVD】「アズールとアスマール」| 2014.12.06
【最近みたDVD】「王立宇宙軍オネアミスの翼」| 2015.07.02
【最近みたDVD】「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」| 2015.11.26
0
    | books | 2014.10.23 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top