ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
エリック=エマニュエル・シュミット(著)、番由美子(訳)「モモの物語」

初版'04年のメディアファクトリー刊、映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」の原作だそうで…しかし何で僕は本書に興味を持ったんだろうな、読んでる間ずっと「ラスト・バリア」を思い出していたのは結果論だけど偶然の導きかなぁ?
舞台は60年代のパリ、その界隈がユダヤ人街だというのは訳者のあとがきで知りましたが住んでないと本編だけ読んでも分からないよね…愛された事のない少年モイーズが出会った乾物屋の老人イブラヒム、彼がスーフィーと分かる辺りから個人的には面白くなってくるのですが。
読むほどに「ラスト・バリア」を水で薄めた感じで、呆気ない終わりに愕然。

子供向けの童話ですか?
まぁ“十一歳のある日、僕はブタを割って、売春婦を買いに行った。”という素人じみた書き出しで、こんな予感はしてたんです。
無論(売春NO!)なんて意味じゃなく、純粋に先の流れが見えちゃうじゃない?
少なくとも「ラスト・バリア」を読んでスーフィーに惹かれるようになる前に、あるいは「アルケミスト」や「なまけ者のさとり方」より前に読んだなら感動したのかもしんないけど。
フランスでもナチのユダヤ人連行があった、という背景はここに要る?って位に活かされてないけど著者的に是非物だったのかもね。

ところで本書は、仏教とキリスト教をテーマにした3部作の第2作目だそうで…本書から推して他も相当浅いんだろうなぁ、でもフランス小説にしては非常に読みやすい翻訳でしたけど。
それと“ジャジャン♪ 笑顔♪”は好いですね、そんな風に微笑まれたら誰だって幸せになりそうだもの。
あと、死に際のイブラヒムが泣きじゃくるモモを“お前さんはわしのためじゃなく、自分のために泣いているんだ”と諫める場面も。
いっぺん僕も、スーフィーのダンスを体験してみようっかなぁ?なんて気に。

他に印象的だった箇所を挙げると、ギリシャの人々が「ゆったりしている」のを見て“わしはいつだってゆっくりと働いてきた。売り上げを伸ばしたいとか、お客を行列ができるくらいたくさん集めようとか、そんなことは望まなかった”と語るのも好かったな…ブルー・モスクで足の臭いに辟易するモモに“お前さん、そりゃあパリの発想だよ! わしは、この足のにおいを嗅ぐと気持ちが安らぐよ。自分が他人より価値ある存在だなんていう思いあがりがなくなるからね”と説くのも心に残りましたね。


関連記事:
【最近読んだ本】ショーン・タン「アライバル」| 2014.10.23
【最近みたDVD】「アズールとアスマール」| 2014.12.06
0
    | books | 2014.10.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top