ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「FIELD OF DREAMS」

御存知ケビン・コスナーの大出世作です、'89年当時の彼は映画界の新たなスターとして磐石の地位を固めていたように思えたのに今はどうしているやら?笑

かつて本作を軽い気持ちで借りて観て大号泣した事で、本作は僕にとって特別な映画になってしまいました…何故あんなに泣いたのか我ながら訳が分からず、おそらくは「父と息子の和解」といった要素が自分自身の気付いてなかった感情のツボにハマったのだろうと後付け解釈していました。
以来、僕の涙腺を刺激する映画は「和解モノ」と称して独自にカテゴライズしてきたのでありますが…もう一度「フィールド・オブ・ドリームス」を観て印象が全然ちがってたら、と思うようになってしまい却って二度と観てはいけないような気分になっていました。

まぁここら辺で敢えて自らタブー化した本作を、記憶の曖昧な部分と併せて確認しとこうという次第です。
ちなみに本作も「ナチュラル」同様、旧き良き時代の野球が題材となっており、W.P.キンセラによる原作「SHOELESS JOE」も読んだ筈なのですが定かではありません…粗筋はケビン演じるレイ・キンセラが幻聴に悩まされ、その言葉に従って農場を潰して球場を作ると奇跡が起こり亡き父との確執も癒される的な内容。

“それを作れば 彼はやって来る”
思想もなくヒッピーにかぶれ、結婚してから農夫になったレイは自分が「普通の男」だと思ってるんですな…そして突然、彼だけに聞こえるメッセージに続いてビジョンを視た事でヤル気になっちゃうのでした。
この意味不明な旦那の行動に理解を示す奥さんは偉いね、しかし初めの15分でそれを作ってたとはな!笑
そして夜中のグランドに現れた人影、なんで警戒心ないんだレイさん家…そんで開始30分で彼らが来ちゃいましたよ、八百長疑惑でシューレス・ジョーと共に球界を追放された8人が!

おいおい、もうクライマックスじゃ残り1時間以上どうやって持たせるんだい?
トウモロコシ畑を球場にしたせいで家計は火の車だってのに、次なる指令は“彼の苦痛を癒せ”だって!…60年代に戦争ではなく友愛を説いたアメリカの良心にして今や有害図書扱いで筆を折った作家テレンス・マン、夫が若い頃に好んだ不遇のヒーローに続いて今度は妻の番って事ですか?
アイオワからボストンまで出掛けて渋る彼を連れ出したら、更にお告げは“やり遂げるのだ”とミネソタのグラハム医師を指名…これは正に“シャーリー・マクレーン”な展開ですよ、ダメな人はダメだろうなぁ。

アイオワ州は別名ハート・オブ・アメリカ、球場がこの地を選ぶのも道理ですな…実際、撮影のために作られた球場は未だに観光名所となっているようですし。
テリー・マンが語るアメリカ人にとっての野球が“失われた善が 再び甦る可能性”という言葉は、今回観て最も印象深かったです。
因みに今回は大、ではなく小号泣だな…まぁ名作と呼ぶには地味だけど、やっぱり僕には良作で一安心。笑
エンドロールの最後に“すべての親たちに捧げる”ってあったけど、子を持って観るとより沁みるのかも…父と息子のキャッチボールで締めてる点は「ナチュラル」と被ってますけど。笑

本作と「ナチュラル」との共通項には、シカゴ・ホワイトソックスのブラックソックス事件もあるんですね…シューレス・ジョー逹が関わったとされる八百長疑惑、それは「ナチュラル」では直接的には触れられていなかった筈ですけれども重要なモチーフになっていた事が本作の特典映像に収録された本編並みの尺がある「FIELD OF DREAMS scrap book」で分かります。
おそらく多くのアメリカ国民は、確かに八百長は違反ではあれど球団の選手に対する圧力や搾取が発端となったと感じるのでしょう。
だからこそ「ナチュラル」で、判事を欲深いオーナーに設定していたんですね。

前向きな妻アニーを演じるのはエイミー・マディガン、苦悩の記者テレンス・マン役はダース・ベイダー声優としても知られるジェームズ・アール・ジョーンズ…若きシューレス・ジョーをレイ・リオッタが、グラハム医師を当年75歳のバート・ランカスターが演じております。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Field of Dreams Trailer』
0
    | cinema | 2014.11.01 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top