ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近聴いたCD
ANTHRAX「ATTACK OF THE KILLER B'S」

以前に同僚君から借りたビーバス&バットヘッドの企画コンピ盤に入っていて、ちょっと気になってたアンスラックス…もちろん本作も同僚君のオススメCDです、まぁ彼としては推してる訳でもないようですが。
ずっと僕は名前しか知らなくて、所謂スラッシュ・メタルだろうとしか思ってなかったんですね…先述のコンピ盤を聴いて面白そうとは思ってましたが、同僚君の聴きそうな範疇からは微妙にズレてそうな気がして聴く機会は当分ないだろうと思ってたので意外でした。

他のアルバムがどうかは分かりませんけど、本作はベンチャーズありカントリー風のコミカルな曲ありのHR/HM系お約束なアコースティック・バラードありとバリエーションに富んでますな…だけど基本はスラッシュ・メタル、そして印象強いのはメタルとラップのハーフ&ハーフな楽曲ですね。
メタルなギターのリフやツーバスのドラミングをラップに混ぜ込んだ、こういった音楽性のバンドって90年代には腐る程いたような気が…でもリンキン・パークなど後続の、より洗練されてる筈の同類と違って聴けてしまうのは何故かな?
同僚君いわく「メタルとラップをミクスチャーした最初のバンドがアンスラックス」だそうで、本作をリリース時に聴いた人はかなりの衝撃だったんだろうな。

ラップって基本的に3パートを反復させて繋げただけの、ファンクに近いダンス音楽だと思うんですよ…故に楽曲らしい構成に欠けて単調になりがちなんだけど、アンスラックスの場合は元がバンドだから割としっかり音楽になっているんてはないかと思いました。
ちなみに本作以前はガチガチのメタルだったらしく、どうやらパブリック・エネミーと一緒にやってるうちにこういう芸風になったのだとか…というか本作は過去のシングルB面曲やカバーそしてライブ音源を集めたコンピ盤だそうで、リンキン・パークも彼らの共演に感化され結成されたみたいですね。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Anthrax - Pipeline (Dick Dale cover)』(ベンチャーズの純粋カバーです、「ランナバウト」のサーフコースターズを連想しました;Sound Only)


『Anthrax & Public Enemy - Bring The Noise (Official Video)』
0
    | music | 2014.11.05 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top