ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近やったゲーム >>
最近みたDVD
「UNDERCOVER BROTHER」

また観たいと思ってたのにレンタル店には置いてなくて、Amazonで50円だったので買っちゃいましたよ!
スパイク・リーのいとこマルコム・D・リー監督の'02年公開作、エディ・グリフィン演じるアンダーカバー・ブラザーのドジと活躍を描くスパイ・コメディ…一言でいえば正に「黒いオースティン・パワーズ」、悪の白人至上主義者ザ・マンの魔手から黒人大統領候補を救出せよ!的な。笑

実際「オースティン〜」が英国スパイ映画のパロディなら本作は70年代ブラックスプロイテーションのパロディ、しかも両作の脚本家は同じなのでテイストも被ってます…黒人文化というか映画やドラマのステロタイプな黒人をネタにしていて、個人的には本作の方がメチャクチャ笑えたんですが二度目では流石に大して可笑しくもなかったり。
でも本作の敵役Mr.フェザーを演じたクリス・カッタンのエグさも、お色気担当デニース・リチャーズのコメディエンヌぶりも僕は本作で発見したのですよ。

のっけからAWB「Pick up the pieces」でノリノリに始まり「ワッツタックス」の演説シーンなど織り交ぜつつ70年代ブラック・シーンを解説、って敢えてAWBなのは何故だろう…そして颯爽と主役UB登場、流れるのは勿論パーラメント「Give up the funk」でナンバープレートは「SOLID」つまり無敵って事。
黒人大統領候補の名前はバウトウェル、元国防長官でスピーチの脇に子ブッシュを立たせるなどコリン・パウエルをモチーフにしてるっぽいです…黒人の大統領という映画は他にもありましたが、現実にそれが叶ったという事は凄い事だったんだなと改めて感じさせられます。

しかし白眉はリアルJBが本人役で登場するシーンかもね、別に役者のネームバリューを言うつもりはないのだけど全体的に小者感たっぷりの正統B級映画だわ…大体「ソリッド!」って台詞とポーズをマイク・マイヤーズの「エクセレント!」並みに流行らせようという魂胆見え見えだし、敵の黒幕そっちのけでMr.フェザーとの戦いに終始する展開は続編狙いじゃないとしても詰めが甘い感じ。
因みに音楽を担当したのはスタンリー・クラーク、ソウル&ディスコの名曲たちに埋もれて印象ないですが。


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Undercover Brother Official Trailer #1 - Eddie Griffin Movie (2002) HD』(ようやく予告編らしい予告編を発見、リンク修正しました)


『Cat Fight Undercover Brother』(意外と少ないデニース・リチャーズの見せ場です、構えた銃が震えてるのはご愛嬌)
0
    | cinema | 2014.11.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top