ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」

題名は(りょうさいしい)と読みます、つまり聊斎先生の志怪異聞という次第で。
著者は15〜16世紀の山東省に実在した人物で、晩年は家の前を通る旅人らから不思議な話を聞き集めたのだそう…日本の「耳袋」も本書を真似たんだろうな、採話文学の原点かもね?
聞き書きの面白さは、主題があるようでない点かも。
聊斎先生に話を聞かせた通りすがりの旅人も、おそらく旅先で耳にした話だったのでしょう…各自が知る顛末の全容を語っており、その中では必ずしも怪異が話の中心ではないんですよ。

一般的な怪談では、怪異そのものが話の核になる筈なんですが…本書に収められた話が風変わりであるには違いないのだけど、ちっとも怪談らしくないのです。
大体、鬼(中国で言うところの幽霊)って驚くには値しない存在みたいなんですよ…仙人だろうが妖精だろうが、動物や爬虫類が人間に化けてようが人によっては気味悪がる程度の事で。
彼らにとって重要なのは第一にカネ、次に親孝行や義理人情に権力…そういった現世利益が絡むと実体が何であるかは些末な事柄で、とりあえず見た目が人なら特に問題ないらしい。笑

更に本書は訳者の文体も風変わりでして、原書の漢文の味わいを残そうと努力されたのか…とにかく強引なルビのオンパレードで、読みにくい事この上ない!
例えば“士各有志サ、僕は非功名中人だヨ”と書いて脇に“(すきずき)サ、僕は(しゅっせしたくないん)だヨ”と振ってある、全編この調子なのですからねぇ。
訳者としては熟語の由来となった故事や来歴を読者に知らしめたかったようなんですが、各話の後に付された脚注解説が逆に意味不明で…例えば“将就木(しにかけ)て”の脚注解説に“左伝僖二十三年に我二十五矣又如是而嫁則就木焉とある”とか。

個人的には道士の小話「種梨」とマーク・トウェイン著「不思議な少年」中のインドの行者のエピソードが酷似している点や、岡本綺堂の庵は「青蛙神」に由来していたのかなぁと興味深く読みましたよ。
それと枝指(むつゆび)つまり先天性の多指を事も無げに書いているのや「夫婦は別れるもの」みたいな発言などに、時代や文化の違いが感じられるのも興味深かったですね。
あと昇仙譚「陸判」の刀銘「胆は大ならんことを欲し心は小ならんことを欲す、智は円ならんことを欲し行は方ならんことを欲す」は前方後円墳と思想的に関連してそうだと思いました。


関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」| 2008.10.07
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】伊藤清司(監修・解説)「怪奇鳥獣図巻」| 2014.08.09
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
0
    | books | 2014.11.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top