おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
TODD RUNDGREN「HERMIT OF THE MINK HOLLOW」

邦題「ミンク・ホロウの世捨て人」、オリジナル・リリースは'78年…K2HDマスタリング盤だそうで、何故かスペシャル・サンクスにDisc Unionの名が。

トッド・ラングレンはアンソロジーしか聴いた事がなく、それらしきアルバムを検索してみたのだけど…どれも微妙に収録曲が違ってるんですよね、かつて友人がダビングしてくれたカセットテープに入ってた曲が何かしら足りないのです。
このパターン、もしやイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズと同じく友人が編集したベストだったのか!?
ともかく、そのテープは捨て曲なしの所謂「美メロ」揃いだったのでアルバムを問わずハズレなしかと思っていたのですが…しばらく前に借りてきたアルバムは、ぶっちゃけ全体的に印象が薄い感じだったんです。

それでトッドからは遠ざかっていたのですけど、たまたま見かけた本作は僕の知ってる曲が3曲も入っていたので借りてみた次第。
例えば1曲目「All the children sing」は全盛期のゴダイゴを思わせるポップ・ナンバーですし、歌詞が分からなくても切なくなってくる「Can we still be friends」やラテンのリズムを取り入れながらアンニュイな曲調の「Too far gone」スティーリー・ダンに通じるAORっぽさが。

他にもタイトル通り擬音だらけの珍曲「Onomatopoeia」、唐突にハードロックなアレンジの「Out of control」などバラエティーに富んだ曲調ながら不思議と統一感がある本作なれど…惜しむらくはジャケットのセンスなさですね、もうホントこの人かなりアートワークで損してると思うぞ?笑
シンガー・ソングライターにしてマルチ・プレイヤーと音楽的な才能は申し分ないからなぁ、ビジュアル方面の話題は難癖つけてるみたいで気が引けますがね。


関連記事:
【最近聴いたCD】トッド・ラングレン「ラント:ザ・バラッド・オブ」| 2009.09.17


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『TODD RUNDGREN ALL THE CHILDREN SING』(若気の至りか、でもやっぱセンスないな・・・っていうか彼のビジュアル感覚が独特なのかもね、こんなに曲は素的なのに!笑)
0
    | music | 2014.11.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top