おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
DIONNE WARWICK「SINGS BURT BACHARACH」

邦題「バート・バカラック・コレクション」、というか日本の企画盤なのかぁ?
ディオンヌ・ワーウィックが60年代後期〜70年代初期にヒットさせたバート・バカラックの曲をコンパイルしたベスト盤で、僕が20代前半にカセットテープにダビングして聴いていたのが本作でした。
先日のジミヘン同様かなり昔に何曲かを残してテープを整理してしまったし、カセットデッキも壊れたままなので全曲を通しで聴くなんてのは本当に久々です。
ザ・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのデビュー盤に収録されていた「サンホセへの道」が、彼らのサウンドとは毛色が違っていたのもあって非常に印象深く気になっていて…その原曲がディオンヌと知り、本作に至ったという次第。

自分としては奇妙なご縁なのですが、普通に考えればバート・バカラックのソングライティング能力の高さを語っている事になるんでしょうね…実際、本作はベスト盤という事もありますが文字通りの名曲揃い!
当時の僕にしてみれば、多少モータウンをかじった程度の耳ですし音としては全体的に古臭く感じた訳なんですが…それでも抵抗なく聴けたのだから、そこは当然ながらバカラックの才能だけでなくディオンヌの歌唱スキルあっての事だったのだと思います。

ただし改めて聴いた印象としては、やはり音が古いなぁ…所々(金管のミックス具合が強いなぁ)とか思ったりして、そこら辺はCDとカセットテープという特性の差なのかもしれません。
思い出補正もあるでしょうけど、繰り返し聴いていたカセットと違うCDのクリアな音質に馴染めないのかも。
バカラックとハル・デヴィッドが組んで生み出した名曲の数々、それを歌っていたのはディオンヌにとって幸運でしたね…といいますか80年代以降のディオンヌには興味が湧かないんですよ、というかバカラック作品も彼女が歌っているのが一番好きだな(ロナルド・アイズレーは例外)。
という訳で「バート×ハル×ディオンヌ」は最高です、あとは音質まろやかだと更に好いなぁ!笑


関連記事:【最近聴いたCD】DIONNE WARWICK「BEST HITS COLLECTION」| 2015.03.21
0
    | music | 2014.11.26 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top