ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「THE IRON GIANT」

(アイアン・ジャイアント…?)
図書館の視聴覚コーナーで見つけた本作のパッケージに、僕は懐かしさと困惑を覚えました…僕が知っている絵本に似ているけど全然ちがう、これは「アイアンマン」と関係ないのか?
それは中学時代、何故か池袋西武まで行ってミニチュア家具を買うような不可解な購買欲を持っていた頃に集めた絵本の一冊でした…絵本といっても小ぶりな割に何千円もする小洒落た類いで数冊しか買えませんでしたが、それを棚に飾ったりレコードを聴きながら眺めるというのが正に中二マインド爆発だった僕の粋な過ごし方だったのです。笑

本作の製作総指揮をザ・フーのピート・タウンゼントが務めているのは何故かというと、最初は「アイアンマン」という彼のアルバムを舞台化する計画だったようで…ブロードウェイ・ミュージカル「トミー」を成功させたプロデューサーと話を詰めていく内にアニメ化に話が転がり、更に監督がテッド・ヒューズの原作に“銃が魂を持つとどうなるか?”というアイデアを加えた事でオリジナルの「アイアンマン」は大きく生まれ変わったのでした。
音楽監督はマイケル・ケイメンで、ピートのアルバム曲を使用しなかったのは英断でしたね…申し訳ないけど、正直言って大正解。笑

因みに、主人公の少年ホーガースの声はイーライ・マリエンタール…いかにも50年代な伊達男で道化役のエージェント、ケントを演じたのはクリストファー・マクドナルドって2人とも僕は知らないんですがね。
アイアン・ジャイアントの声はヴィン・ディーゼルでアラサーのシングル・マザー、アニーを演じたのはジェニファー・アニストン…鉄グズの芸術家ディーン役はハリー・コニック・ジュニアと、まるで90年代の一発屋リストですけども'99年の作品と思えば充分に豪華キャストでしょう。

舞台は1957年のアメリカ、メイン州ロックウェル…昔のカートゥーン・アニメを彷彿とさせるタッチは、若干「Mr.インクレディブル」を連想させますが(←監督が同じでした!笑)。
端的に描かれた冷戦下の政府と軍が抱いた狂気、スーパーマンに憧れた無垢なジャイアントの葛藤が火花を散らす圧巻のラスト20分…それは多数派の抱く畏怖と排他性が、少数派の窮状や不安を刺激するテロの構図そのものではないでしょうか?
どうか、ジャイアントが自己修復を終える時は人類が賢くなっていますよう…半世紀を過ぎても変わらない米軍的思考が蔓延する世界に、大義の嘘と前向きな気持ちを忘れないように。
アイアンマン 五つの夜の物語 テッド・ヒューズ作 ジョージ・アダムソン:画 橋本雄一訳 篠崎書林 ←そうそう、この本。


関連記事:【最近みたDVD】「THE IRON GIANT」(再視聴)| 2016.02.21

関連あるかもしれない記事:
【最近みたDVD】「風が吹くとき」| 2015.03.18
【最近みたDVD】「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」| 2015.11.26
【最近みた映画】「シュガーラッシュ」| 2013.04.02
【最近みたDVD】「シュガーラッシュ」| 2013.08.09
【最近みた映画】「カーズ2」| 2011.08.18
【最近みたDVD】「塔の上のラプンツェル」| 2018.02.12
【最近みたDVD】「フェリシーと夢のトウシューズ」| 2018.04.01
【最近みたDVD】「シュガー・ラッシュ:オンライン」| 2019.07.19

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】杉浦茂「猿飛佐助」| 2009.09.04
【最近聴いたCD】セロニアス・モンク「モンクス・ミュージック+2」| 2009.09.08
【最近聴いたCD】オーネット・コールマン「世紀の転換」| 2009.10.05
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだ本】木寺紀雄「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」| 2010.02.02
【最近聴いたCD】レスター・ヤング「プレス」| 2010.07.01
【最近聴いたCD】ロバート・プラント&アリソン・クラウス「レイジング・サンド」| 2010.07.20
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ!」| 2017.12.30
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Iron Giant』
0
    | animation | 2014.12.03 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top