おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
DREAMS COME TRUE「MILLION KISSES」

何故か引き続きドリカムです、本作は先日聴いた「The Swinging Star」の1枚前のアルバムになります。
リリースも1年前の'91年、同じく全12曲を収録しトータル・タイムは2分長い56分…本作で僕が好きな曲は「彼は友達」と「四月の雨」と「Eyes to me」、好きじゃない曲は「この恋はハードボイルド」と「あなたにサラダ」だな。
これはまぁ仕方ないけれど、音が古いよね…打ち込みに限らず、いかにも90年代前半というか80年代を引きずってる薄っぺらさが要所々々で耳につく感じ。
因みにタイトルは、前作「WONDER 3」で初ミリオンセールス達成への謝意とか。

個人的には本作のジャケ写が「LOVE GOES ON…」の次に好きなんです、男性2人に女性1人の所謂ドリカム編成を絵に描いたような?…しかし当時の感覚とは違って、今から見ると切なくも深い感慨が生まれます。
3という数は、数秘術では安定を意味するとか…でも男女の三角関係は、恋愛絡みじゃなかろうと所詮は儚いものなんですよねぇ。
タイトルを「GOOD OLD DAYS」に変えても構わないんじゃないか的な、そんな勝手な思いを馳せつつ曲に耳を傾けてしまうのでした。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『ダイドーブレンドコーヒー - ♪ Dreams Come True 「彼は友達」』(この曲もエレドラとかシンセの音に時代を感じます、オーケストラ・ヒットの使い方は面白いけど)


『4月の雨(SSax編)』(この人、いきなり「緊張すっるねぇ〜」とか何だよと思いますが・・・カラオケをバックにボーカル・パートをソプラノ・サックスで吹いてます、この曲も何か似てる洋楽があるんだけど思い出せないんだよなぁ)
0
    | music | 2014.12.08 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top