ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
小野不由美「鬼談百景」

初版'12年のメディアファクトリー刊、同社の怪談専門誌「幽」に「鬼談草紙」として連載された原稿を一部改稿し18編を新規書き下ろしで追加…別に百物語と記してはありませんが、この手のお約束で本書も99話を収録しています。
実は本書、図書館のYAコーナーに置かれてたんですね…まぁ少年少女向けって事で多少は「学校の怪談」的な話もあるなとは覚悟してたんですが、その手の怪談が思ってた以上に多くて正直なところガッカリ!笑

これは単に個人的な嗜好の問題なのですが、僕はそういう怪談話って特に面白いとは思わないんですよ…別に体験者が子供でも舞台が公共施設でも構わないんです、でもコレは違うな〜。
といいますか、書き方が怪談じゃなくて恐怖小説っぽいんだよね…ストーリーとしてはシュールで悪くないのもあるんですが、怪談っぽくはないんですよねぇ。
僕はネットの掲示板に投稿される怖い話も、色々とチェックして読んでるんです…宇宙人とか異世界といったSF要素の強いオカルト話や土着的な信仰にまつわる伝承なんかは好きなんですけど、肝試しやら地縛霊みたいな話だと今ひとつでして。

「幽」という雑誌が子供向けなのか、著者がホラー小説の書き手なのかは知りませんけどね…あんまり怪談っぽくはないです、その分むしろ怖いんですけど。笑
いや笑い事じゃなく、変な時間に読むのが憚られるような気がするんです。
僕は決して、そういった空気を求めてるんじゃないので…おかげで読み終えるのに時間がかかりましたよ、といっても読みにくい文章ではないんですけどね?笑
恐怖小説と怪談は似て非なる物なのです、そして僕が読みたいのは恐怖小説ではなく怪談やそれに近い読み物なのだと思いましたよ。


〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
0
    | books | 2014.12.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top