ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
藤森栄一「古道(こどう)」

古道!…なんとロマンチックな響きでしょうか、活字の知識でしかなかった歴史へと今ここから自分の足で踏み出してゆくような地続き感に胸が踊りますけど。
本書は、若干そういった趣きとは異なってました。笑
確かに“古代日本人がたどった/かもしかみち/をさぐる”と表紙にある通りではありますが、先ず話はグッとナウマンゾウを追った石器時代にまで遡ってしまいます…いきなり(すげー)と心を掴まれるものの、なんか肝心な部分ではぐらかされてるうちに場所も時代もビュンビュン飛んで野麦峠に着いちゃった印象が。
なんか(してやられた)感。

著者は在野の考古学研究家で、それは「研究で飯を食ってる」のではなく寧ろ「そこに私財を注ぎ込んでる」情熱の人なんです…故にか語りが熱いのね、同じ在野の同輩による発見と発掘のドラマを「プロジェクトX」並みに描写する筆致の冴えに引き込まれますが。
飽くまで推論に過ぎない状況までリアルに描写する熱意が裏目に出たりもするので、読者は本書が'66年に刊行された時点の研究成果である事を念頭に置いておかなければなりません。
野尻湖に「象の墓場」があった、と考えるよりは先日のNHKスペシャル「日本人はるかな旅1」の仮説の方が説得力ある訳です。

象を追って拡散した道があり、温暖化に伴う環境の変化があり…やがて集落間の交易が始まり小国家が形成されると、列島全土を巡る道は半島や島々との海上路へ拡がっていくのでした。
大陸から馬が入り、都市の発展に伴って名馬の産地は移り変わり…騎乗に適した道が新たに拓かれる一方で、尾根伝いに張り巡らされていた道は山伏やサンカに受け継がれていきます。

プロの考古学者に先んじて「縄文末期には既に原始的ながら農耕栽培が始まっていた」と唱えるなど功績を遺した著者ですが、どうしても出身地である諏訪〜信濃地方にエピソードが偏りがちな印象が残りました。
その地への思い入れと豊富な実体験がある著者の筆に力がこもったのか、古事記以前の出雲と伊勢の力関係や源氏と平家の争いに関する諏訪神社の話は興味深いですね…憶測で筆を走らせる傾向が伺える著者だけに信憑性は低いものの、諏訪湖と野尻湖は古代日本のキーワードとして心に留めておこうと思いました。


関連記事:
【最近読んだ本】国立歴史民族博物館「縄文文化の扉を開く 三内丸山遺跡から縄文列島へ」| 2008.03.12
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだマンガ】山岸凉子「月読」| 2009.10.29
【最近読んだ本】「マンガで読み解く 日本の歴史 弥生〜奈良時代編」| 2012.07.15
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」| 2012.11.04
【最近読んだ本】外山晴彦「歴史がわかる、腑に落ちる 野仏の見方」| 2013.12.26
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】森野たくみ、松代守弘「古代遺跡」| 2016.06.15
0
    | books | 2014.12.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top