ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近買ったもの
CD(AC/DCの新譜)

彼らがアルバムを出したのは知っていたが、まさかアンガスの兄マルコム・ヤングが引退していたとは!
その理由が認知症というのがまた切ない、いや本当に切ないのは本人であり苦楽を共にしてきたメンバーであってお世辞にも熱狂的とはいえない僕といえば本作を買う位しか思い付かないのだ(もちろん定価で)。
彼らだっていつまでも若くはないとは分かっていたし、確かな老いの徴候は感じられていたのだけど。
こんなニュースを聞くのは、まだ先の話だろうと思っていた。

これでも「BACK IN BLACK」から聴き始めて30余年になるが、実際のところマルコムのギター・リフに惹かれるようになったのは恥ずかしながら割と最近だ。
弟アンガスがステージ狭しと暴れ回るのに対して、彼はステージ向かってドラムの左手を定位置に黙々とリフを刻んできた…楽器店で彼のシグネイチャー・モデルを見つけた時、その場でローンを組んででも買っておけばと今まで何度となく思う事があったのだけど。
改めて、その事を痛切に思い返してしまう。

おそらく「BACK〜」直前にボン・スコットが急死した時も、旧来のファンはこのようなショックを受けたのだろう…それを思えば存命である事は救いかもしれないが、本人にとっては却って死ぬよりも辛い時間が流れているのかもしれない。
後任はマルコムとアンガスの甥にあたるスティーヴィー・ヤングの名がクレジットされていて、気になって検索するとWikipedia情報で「'88年のツアーでは“当時アルコール依存症が進んで対処が必要になっていた”マルコムの代役を勤めた」とあるので音的に不安視する必要はなさそうだ。

一説によれば、ドラマーのフィル・ラッドも本作を録音後に再びバンドを離れてしまったとか…紙ジャケット仕様の輸入盤に封入されていたブックレットには彼以外の4人が写っているのだが、唯一人の初代メンバーとなったアンガスは心労が重なる状況に陥っているようだ。
こんな時だからこそ僕は彼らと、ブックレットの最後に記された“AND MOST OF ALL THANKS TO MAL. WHO MADE IT ALL POSSIBLE”というメッセージを支援したいと思う。
AND MOST OF ALL THANKS TO MAL. WHO MADE IT ALL POSSIBLE


追記:マルコムは2017年11月18日、家族に見守られて亡くなったそうです。享年64歳。また前月の23日には、バンドのプロデュースなど多大な貢献を果していた兄ジョージ・ヤングも亡くなっていたそうで・・・アンガス、辛いだろうな。
マルコム、ありがとう。R.I.P.


関連記事:
【最近聴いたCD】AC/DC「ROCK OR BUST」| 2014.12.26
0
    | give / take | 2014.12.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top